お知らせ 2020年度
製品
ギヤモータの故障を未然に検知する「状態監視システムS-CMS」 を発売

2020年10月29日

住友重機械工業株式会社(社長:下村真司)は、ギヤモータの故障を未然に検知する「状態監視システムS-CMS」を11月1日から発売します。
ギヤモータはコンベアなどの搬送装置をはじめ、撹拌機、ポンプなどさまざまな装置・機器の駆動に使用されます。今回発売する「状態監視システム S-CMS」は、ギヤモータに振動センサを装着し、検知ユニットを介してその状態を常時監視することで、突発的なギヤモータの故障を防ぐことができる、シンプルな検知システムです。ギヤモータの劣化傾向を把握・管理することで、計画的なメンテナンスや予備機の準備が行え、予防保全による生産ラインのダウンタイム短縮に貢献します。

■特長
①生産ラインのダウンタイム短縮に貢献
 振動の傾向管理により、ギヤモータのメンテナンス時期を予測し、予防保全による生産ラインのダウンタイム短縮に貢献します。

②点検作業を効率化
 稼働中のギヤモータの状態を可視化して優先順位をつけることで、点検作業の効率化、省力化を実現します。

③不安全作業を削減
 高所や高温、粉塵等の常時監視が難しい環境に設置されているギヤモータの点検作業を効率化し、不安全作業を削減します。

ギヤモータの経年的な振動変化のイメージ
ギヤモータの経年的な振動変化のイメージ

■構成
・振動センサ
 ギヤモータへの取り付けが容易なコンパクトタイプ

・検知ユニット
 4チャネルと12チャネルをラインアップ(最大12個の振動センサの取り付けが可能)
 上位PCとの通信:Ethernet(オプションでWi-Fiも対応可)

状態監視システムS-CMSの構成
状態監視システムS-CMSの構成

■標準価格
 振動センサ 31,800円(税別)
 検知ユニット [4チャネル] 142,300円(税別)、 [12chチャネル] 223,500円(税別)

■ウェブサイト
 住友重機械工業PTC事業部ウェブサイト
 https://www.shi.co.jp/ptc/

 「状態監視システムS-CMS」 製品紹介ページ
 https://cyclo.shi.co.jp/product/feauter/system/s_cms.html?selection=category