住友重機械グループのサステナビリティ

住友重機械グループはCSR基本方針のもと、重要課題への対応を軸とした、より強固で持続可能な企業活動を展開し、ステークホルダーのみなさまの信頼に応えます

CSR基本方針

住友重機械グループでは、事業活動とサステナビリティの統合を図ることを目的として、2020年3月に「CSR基本方針」を取締役会で決議のうえ制定しました。経営理念、倫理規定に基づき、CSR基本方針を定め、事業活動の中で重要課題を遂行します。

CSR基本方針
  1. 1住友重機械グループは、内部統制システムを確立し、経営の健全性と透明性を高めます。
  2. 2住友重機械グループは、持続可能な社会の実現に向けて、経済的、技術的発展に寄与する商品とサービスを提供します。
  3. 3住友重機械グループは、商品ライフサイクル全体での環境負荷軽減に努めるとともに、当社の企業活動に関わるすべての人の安全、安心と健康を守り、一人一人がいきいきと働ける職場を作ります。

推進体制

サステナビリティについて統括する企画本部サステナビリティ推進部が中心となり、本社関係部門と重要課題の施策と経過を共有しています。

CSR委員会:年2回開催

持続可能な社会の実現に向け社会的責任を果たすために、中長期的な企業価値向上の視点から適切な指針を策定し、当社グループの諸活動を推進することを目的に設置しています。同委員会は、社長が議長を務め、当社の取締役、監査役および執行役員ならびに当社グループの各事業部門の執行責任者等で構成されています。
当社グループのサステナビリティに関わる基本方針や重要課題、中期および年度の計画、体制や推進状況等について審議し、取締役会に報告を行っています。

サステナビリティ定例会:月1回開催

企画本部サステナビリティ推進部メンバー(内部統制、経営企画、コーポレートコミュニケーション、総務、環境、資材、技術本部、人事)が情報共有と課題についての議論を月次で行っています。

本社部門主催部長会での報告:各部長会にて年1回開催

開発部長会、設計部長会、製造部長会、環境マネジメント会議、調達責任者会議、安全担当課長会議、監査役会議、総務GL会にて、重要課題の進捗について報告しています。

広報・サステナビリティ委員

事業部、関係会社、製造所のサステナビリティ情報の窓口として、広報・サステナビリティ委員を委嘱し、情報共有と教宣活動を進めています。

サステナビリティ推進に向けた取り組み

企画本部 サステナビリティ推進部が中心となり、教宣活動・情報発信等、様々な取り組みを進めています。

情報発信

社内ポータルサイト「Sustainability-Navi」

当社グループ内の円滑な情報共有を目的とし、社長メッセージ、従業員インタビュー、グループ内のニュース等、様々な情報発信を行っています。

社内報「かるテット」(年4回)
社内報に常設コンテンツとしてサステナビリティに関する情報を掲載しています。

教育・宣伝

ポスター制作

住友重機械グループで働く従業員の誇り醸成を目的としたポスターを毎年制作し、全国各地の事業部門、グループ会社に掲示しています。
2020年度のポスターでは、「着実に世界を前進させ、社会をよりよくする」という当社グループらしさを「イチミリ、ミライヘ。」という言葉で表現しました。

事業部門との対話

2017年から2019年にかけて、事業部およびグループ会社の計20部門と、事業による社会的意義の再認識・社会課題解決について考える対話活動を実施しました。
またその成果について、事業責任者から住友重機械工業の社長へ報告する機会を設け、グループの提供する社会価値、環境価値について議論・共有しました。
この対話活動を通じて、当社グループの製品・サービスが提供する社会価値を整理し、重要課題(マテリアリティ)の特定に繋げました。

組織活性化プロジェクト

当社PTC事業部と協働で、PTC事業部および関係会社の従業員を対象とした「組織活性化プロジェクト」を実施しました。本プロジェクトでは、「SDGs×レゴ®ワークショップ」「大人の社会科見学~名古屋港コンテナターミナル~」「SDGsアウトサイドインワークショップ」3つのワークショップ・イベントを開催し、のべ171名の従業員が参加しました。