お客様との関わり

基本的な考え方

住友重機械グループの企業使命は、一流商品とサービスの提供を通して社会の発展に貢献することです。世界中のお客様の長期的な信頼を得ることが、当社グループの持続的な発展と企業価値の向上につながり、あらゆるステークホルダーの期待に応えることになると考えます。
様々な業界のお客さまに、満足かつ安心してご使用いただける品質の製品・サービスを提供し続けるため、それぞれの製品に適合した品質保証体系を構築し、これに則った業務プロセスを遵守し、製品品質の管理・さらなる改善に努めています。

品質理念・方針

住友重機械グループ品質方針

品質理念

グローバルで認められる世界基準品質をたゆむことなく追求し続け、お客様が価値を実感できる製品・サービスを一貫して提供し続けます。

品質方針

顧客視点
顧客視点で本来あるべきレベルの品質を念頭に目標を定めます。
継続的進化
品質システムを継続的に進化させ続け、プロセス思考で品質を作り込みます。
全員参加
品質に関わる一人一人が目標を持ち、全員で品質と正面から向き合います。

品質保証体制

住友重機械グループでは、各事業部・関係会社がその事業内容に適した独自の品質保証体系を有しています。また、各事業部・関係会社の品質保証部は、独立性確保のため、事業部長・関係会社社長の直属となっています。 本社経営品質本部が住友重機械グループを製品品質面から統括しています。

品質保証体制図

取り組み

プロセスレビュー

住友重機械工業の社長が事業部・関係会社を巡回して行う業務プロセス診断の場です。製造現場診断から始まり、品質課題や製造課題を主たるテーマとして、部門の責任者と、住友重機械工業の社長・本社役員がプロセスの問題点・改善点について議論を深めています。

品質保証部長会

本社経営品質本部が主催し、事業部と関係会社の品質保証部長で構成される会議体です。 品質向上の考え方・方針・方策を共有し、互いに学び合い、組織能力を向上させていくことが狙いです。「再発防止活動の強化から未然防止活動へ」について継続的に多角的な議論を重ねています。月例での品質情報交換も進め、品質視点でのお客様との関係を「顧客満足指標(KPI)」として継続監視し、その改善についても定期的に議論を深めています。

QMS(品質マネジメントシステム)監査

本社経営品質本部による品質保証体系の実効性を確認する取り組みです。当社グループには多様な機種があり、事業部門・機種ごとに、業態・業容に応じた品質保証体系があります。品質マニュアル、品質規程、手順書、品質記録の展開プロセスの確認を通じて、品質保証体系の実効性や、各プロセスの工程能力を確認します。
ISO9001取得:国内事業全体の95%(販社を除く)

「シックスシグマ」の導入・教育の実施

グループ共通の品質向上の考え方として「シックスシグマ」を導入し、プロセス改善の実践的教育を1999年より継続しています。事業部・関係会社のプロセス改善を統括するマスターブラックベルト、難易度の高い問題解決を担い問題解決を指導するブラックベルト、PJリーダーとして職場の問題解決を担うグリーンベルトなどを養成・配置し、プロセス強化に取り組んでいます。
20年度時点でグリーンベルト認定者は累計2,260名、ブラックベルト認定者は累計190名を超え、全体の底上げを図っています。