お知らせ 2020年度
その他イベント
住友重機械イオンテクノロジーの人材開発の取り組みが「HRアワード2020」に入賞しました

2020年10月02日

住友重機械イオンテクノロジー株式会社(住友重機械工業株式会社100%出資、以下 住友重機械イオンテクノロジー)は、このたび人事・人材開発などの分野におけるイノベーターを表彰する「HRアワード2020」に入賞いたしました。

■HRアワードとは
日本の人事部(※)主催による、人事関連で最も権威があると言われる表彰制度で、HR(ヒューマンリソース)領域において独創性や先見性、社会性などの点で優れた取り組みを広く伝えることで、人事を通じた全国の企業の成長を目指す表彰制度です。
今年は300社を超える企業がエントリーし、住友重機械イオンテクノロジーはその中の「企業人事部門」にて入賞しました。
なお、入賞した13社のなかから今後Web上での投票を経て、最優秀賞・優秀賞が選出されます。ぜひ、下記リンクより投票をお願いいたします。


■投票はこちら(投票期限:10月7日まで)
https://jinjibu.jp/gfrm/eventEnquete/award-20-0001/form/
※投票へは、日本の人事部への会員登録が必要です。


■住友重機械イオンテクノロジーの取り組み「DAIS-PJT(ダイスプロジェクト)」の概要
製造、開発拠点を愛媛県西条市に持つ住友重機械イオンテクノロジーでは、リソースが限定される環境においても事業としての変化対応はもちろんのこと、変化に適応しイノベーションを起こせる人材の育成が不可欠でした。
また、企業のCSR活動に対する期待は高まり続けており、「持続可能性のある地域社会への貢献の形」を探しておりました。
そのなかで誕生したのがDAIS-PJTです。
DAIS-PJTは、従業員のリーダーシップ開発と地方貢献を兼ね合わせたアクションラーニング型のプログラムで、地域の関係者と協働することで、人材育成や採用のハンディキャップを克服しております。

「DAIS」は、Diversity(多様性)、Authentic(本物の)、I (自分・リーダーシップ)、Social(社会的な)の頭文字から名付けました。
プロジェクトに参加するのは、地元愛媛県に縁のある企業の次世代リーダー候補で、異業種混合のチームを結成し、地元市役所や地元プロスポーツ団体などから提供されたリアルな課題の解決策を話し合い、提案をまとめています。
また、チームにはフィードバックを専門に行う「チームサポーター」が入り、参加者に内省の機会を設けています。

これらの取り組みを通じて、課題解決力やリーダーシップの開発を進めており、人材育成での成果はもちろんのこと、参画企業でのビジネス連携、Iターン人材の獲得などの副次的な効果も出始めており、これをきっかけにさらなる新たな兆しを生み出してまいります。


■DAIS-PJT2020について
今年で3年目となるDAIS-PJT。現在開催中のDAIS-PJT2020についてご興味のある方は以下の資料もご覧ください。
(2020年10月06日追記:資料を最新の内容に差し替えました。)

住友重機械イオンテクノロジーは、お客様や地域のステークホルダーにとって必要不可欠な存在で在り続けることができるよう、これからも新たな取り組みに積極的に挑戦してまいります。

(※)日本の人事部(https://jinjibu.jp/)とは
経営者、人事担当者、管理職をはじめとする全国のビジネスパーソンと、HRに関連するサービスやソリューションを提供する企業をつなぎ、良質な情報を提供する日本最大のHRネットワークです。