お知らせ 2019年度
製品
LNG二元燃料対応中型タンカーのAiP取得のお知らせ

2019年12月25日

住友重機械マリンエンジニアリング株式会社(社長:島本英史 住友重機械工業㈱100%出資、以下当社)は、2019年12月10日に、LNG二元燃料システムを搭載した中型タンカーの設計基本承認(Approval in Principal)をロイド船級協会から取得しました。

本船は、市場で好評を博している当社の中型タンカーに、IMO Type-C型LNGタンク2基及びFGSS(Fuel Gas Supply System)を搭載したもので、カーゴタンク容積を減ずることなくLNG燃料を貯蔵、使用することができます。搭載の検討にあたっては川崎重工業株式会社の協力を得ました。LNG燃料を使用することによって、エンジンの排ガス中の硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、二酸化炭素(CO2)を大幅に低減することができ、今後船舶からの排出ガス規制が厳格化される海運業界では、対応船舶への需要の高まりも期待されています。また、環境性能の高い当社の中型タンカーをLNG燃料に対応させることにより、エネルギー効率設計指標EEDIにおいても、2025年からの基準であるPhase 3の削減率を遥かに超える環境性能を誇っています。

当社は、今後も技術力・開発力を駆使して社会のニーズに応え、温室効果ガスはもちろん、環境負荷全てを大幅に低減した、地球にやさしい船をお客様に提供し続けていき、持続可能な海運業界の発展へ貢献していきます。