射出成形機

Break & Breakthrough … the Zero-molding 無駄・不良・面倒の3つのベクトルを限りなくゼロへと近づけるZero-molding

特長

  1. 1MCM(Minimum Clamping Molding)

MCMは、最小型締力検出機能により、低い型締力での成形を可能にします。

必要以上の型締力をかけないので、ガスによる成形不良の低減や、金型メンテナンス周期の長期化、金型部品のダメージ低減、また消費電力削減など、さまざまな効果をもたらします。

SE-EVシリーズには、可動プラテンのリニアガイドサポート・高剛性フレーム・高精度ノズルタッチといった機能の搭載しました。
これによって低型締力時における、型締精度・型締力バランス・平行度・面圧などの精度スペックが向上します。この結果、極めて低い型締力でも、安定した成形が可能になりました。

  1. 2FFC(Flow Front Control)

FFCが、フローフロントの最適化を実現します。ダイレクトドライブシステムをコアとするISC(Inteligence Servo Control)がその制御を可能にしています。バリやショートショットを解消するほか、充填バランスを著しく改善します。

コイルボビン 8ヶ取り

最新のISCⅡにより進化したFFC

低慣性高応答サーボモータを、最新のサーボコントローラが制御することによって、正確なスクリュ制御が可能になりました。
射出圧力検出と計量回転速度検出の精度がアップ、さらに精密で安定した可塑化・充填・保圧工程を実現しています。また、充填圧力の低圧化や充填バランスのさらなる向上も達成しています。

  1. 3SPS(Simple Process Setting)

SPSは、オペレータの操作性を第一に考慮し、従来の機能別の設定でなく、各作業に応じた設定画面による操作方式を採用しました。ひとつの画面で一連の工程作業が完了するため、ミスや設定漏れのないオペレーションが簡単に行えます。

NC10コントローラ

ミスの無い成形機操作のために

金型取付や成形条件決定などにおける操作性を高め、同時に操作ミスで起こる事故や金型破損をなくすために、デザインされた操作キー配置となっています。

直感的な画面操作

15インチフルタッチパネルの画面操作にピクトグラムを多用し、初心者でも簡単に操作できる、直観的な画面デザインです。

製品ラインアップ

この製品に関する情報・お問い合わせについて
この製品に関する情報・
お問い合わせについて

「射出成形機」に関する詳しい情報は下記よりご覧いただけます。

プラスチック機械事業部

【お問い合わせ対象製品】
射出成形機、封止プレス