お問合せ 当事業部住所電話番号 英語
ホーム > 加速器 > SRリング

SRリング

シンクロトロン放射光(SR)は光速に近いスピードで運動する電子が磁場で曲げられる時、接線方向に放射される光です。SR光は物性研究や微細加工、生物医学研究等多くの分野で利用されています。1989年住友重機械は世界最小のSRリング(AURORA)を開発し、続いて小型で経済的な実験・研究用のSRリング(AURORA-2D)を開発しました。同時に、小型電子入射器としてレーストラックマイクロトロン(150MeV)を開発しました。



▲ ページ先頭へ
住友重機械工業株式会社産業機器事業部