お知らせ 2018年度
お知らせ
紺綬褒章を受章

2018年04月13日

住友重機械工業株式会社(社長:別川俊介)は、官民協働の海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」を2014年度より支援しています。これまで当社では、運営資金の寄附をはじめ、留学前の研修への講師派遣なども行ってきました。

この支援に対し、3月23日に紺綬褒章を受章しました。

同留学支援制度は、「社会で求められる人材」、「世界で活躍できる人材」の育成を目的に2020年までに、日本から海外への留学生10,000人を派遣することを目標として事業を行っており、2017年度までに4,300人超の大学生・高校生を世界の様々な国や地域に派遣しています。

当社は、「一流の商品とサービスを世界に提供し続けること」を企業使命として掲げており、これを実現するためにも、グローバルに活躍できる人材の育成が欠かせません。
今後も、社内における人材育成とともに、社外におけるこのような人材育成にも引き続き積極的に取り組むことで、社会全体に貢献できるよう尽力します。