お知らせ 2017年度
製品
国内最大級 112MWバイオマス高混焼発電設備を受注

2017年12月22日

住友重機械工業株式会社(社長 別川俊介)は、広島ガス株式会社と中国電力株式会社が設立した発電事業会社、海田バイオマスパワー株式会社(社長 谷村武志)より、同社海田発電所の発電設備(出力:112MW、建設予定地:広島県安芸郡海田町)を受注しました。

本設備は、木質ペレットや県内の未利用間伐材などバイオマス燃料を主燃料とし、再熱方式(※1)を採用した非常に高効率なバイオマス高混焼発電設備です。

今回の発電設備は、当社グループが国内外で490缶以上(※2)の実績を持つ「循環流動層(CFB)ボイラ」を採用しています。当社の循環流動層(CFB)ボイラは、高効率バイオマス発電の分野では圧倒的なシェアを得ており、この実績が評価され今回の採用に至りました。

本設備は、循環流動層(CFB)ボイラを用いたバイオマス高混焼発電設備としては、国内最大級となります。当社は、お客様の小型から大型規模の設備計画に対し、低炭素社会に貢献するバイオマス燃料や資源有効利用を目指し低品位燃料を高効率に活用した信頼性の高い発電技術により、エネルギーの安定供給と環境配慮を両立した設備を提供していきます。

  • 設備の概要

ボイラ形式 :循環流動層(CFB)ボイラ(再熱式)
発電端出力 :112MW
発電方式  :蒸気タービン式
運転開始予定:2021年3月

  • (※1)
    再熱式:蒸気タービンにて膨張した蒸気を再度ボイラヘ送り、再加熱後に再び蒸気タービンへと送り込むことで高効率発電を可能とする技術。

  • (※2)
    当社グループ:住友重機械工業株式会社および子会社Sumitomo SHI FW(SFW)。
    本値は当社グループおよびSFWのCFB技術供与先(ライセンシー)の実績を含む。