お知らせ 2008年度
お知らせ
射出成形機に新シリーズをラインアップ

2008年09月09日

住友重機械工業株式会社(社長 中村 吉伸)は、プラスチック射出成形機に新シリーズを投入、9月より販売を開始しました。

 1.大型全電動射出成形機CL7000を新発売。
 2.小型全電動射出成形機SE-DUシリーズを、SE-DUZシリーズとモデルチェンジ。


■大型全電動射出成形機 CL7000


「小さな機械、大きな仕事」

1)型締力の低減 
たわみの少ないセンタープラテン(注1)を、可動側固定側の両方に装備することで、金型にかかる圧力を均一化しました。これにより成形品質が一層向上するとともに、低い型締力での成形も可能になりました。

2)大型金型にも対応
タイバー(注2)間隔を同クラス機よりも大きくすることで、ワンランク大きな金型の搭載が可能になりました。また、タイバー間隔を正方形にすることで、金型の横方向からの取り付けも可能にしました。

3)機械全長を短縮
新開発した可塑化システムにより、機械全長を短縮しました。

【販売価格】 標準仕様定価ベースで6,200万円(税別)から
【販売目標】 月間10台
【型締力】  5,390キロニュートン(550t)

(注1)センタープラテン
金型のセンター部を押し、金型面に均一な型締力を与えるプラテン(金型を固定する部分)です。面圧バランスに優れ、金型のたわみを防ぐなどの効果があります。
(注2)タイバー
金型の開閉動作を案内するとともに、型締中は型締力を受けとめる4本の支柱。


■小型全電動射出成形機 SE-DUZシリーズ


「不良、ムダ、手間を限りなくゼロへ」

1)無理のない充填
高応答・高充填速度に精密制御性能をプラスすることで、無理のない充填が可能になり、バリなどの成形不良を防止します。

2)金型にムダな型締力を与えない
低い型締力から最大型締力まで、最低限の力で理想的な型締力を金型にかけることができます。これにより、金型へのダメージを低減させ部品の損傷を防ぎます。

3)簡単なオペレーション
従来、装置別に分かれていた設定画面を簡易化し、一画面で全ての作業設定が可能になりました。経験の浅いオペレータでも正確に設定することが可能です。

【販売価格】 標準仕様定価ベースで850万円(税別)から
【販売目標】 月間350台
【型締力】  170キロニュートン(18t)~1,760キロニュートン(180t)

大型全電動射出成形機 CL7000

住友重機械は、11月7日から11日に幕張メッセにて開催される「国際プラスチックフェア(IPF)2008」に出展いたします。今回発売の2機種も含め、最新機種を展示し成形実演を行います。