お知らせ 2003年度
お知らせ
平成15年度通期業績予想の修正に関するお知らせ

2004年03月30日

最近の業績の動向等を踏まえ、本年2月3日の第3四半期業績の概況発表時に公表した平成15年度通期(平成15年4月1日~平成16年3月31日)の業績予想を下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。

(1)連結業績予想の修正(平成15年4月1日~平成16年3月31日)

  単位 売上高 営業利益 経常利益 特別損益 当期純利益
前回発表(A) 百万円 480,000 35,000 30,000 △14,000 9,000
今回修正(B) 百万円 485,000 38,000 33,000 △17,000 15,000
増減額(B-A) 百万円 5,000 3,000 3,000 △ 3,000 6,000
増減率 % 1.0% 8.6% 10.0% - 1.0%
(ご参考)
前期(平成15年3月)実績
百万円 481,289 17,213 17,213 △ 2,452 2,687

(2)単独業績予想の修正(平成15年4月1日~平成16年3月31日)
  単位 売上高 営業利益 経常利益 特別損益 当期純利益
前回発表(A) 百万円 255,000 20,000 16,000 △13,000 2,000
今回修正(B) 百万円 257,000 22,000 17,000 △12,000 2,000
増減額(B-A) 百万円 2,000 2,000 1,000 1,000 0
増減率 % 0.8% 10.0% 6.3% - 0%
(ご参考)
前期(平成15年3月)実績
百万円 268,823 6,943 2,350 △798 △854

(3)修正の理由
[連結業績]
売上高につきましては、標準・量産機械部門のうちプラスチック加工機械でデジタル家電関連向けが依然として好調なことや、建設機械部門で油圧ショベルが国内、輸出とも増加したこと等により全体では50億円増収の4,850億円程度になる見込みです。その結果、営業利益は30億円増益の380億円、経常利益も330億円になる見込みです。特別損益は持株会社であるSHI CANADA INC.を解散したことによる整理損失約40億円を計上した結果、△170億円となる見込みです。また、当期純利益は前回発表時に比べ60億円増加の150億円の見込みです。これは今まで旧住友建機㈱の株式評価損に係る税効果を、グループ内取引のため、連結決算上認識していませんでしたが、旧住友建機㈱の継承会社である住友重機械建機クレーン㈱が、平成14年度に日立住友重機械建機クレーン㈱に営業譲渡を行ったこと等により、過大資本となったため、株式消却を行なった結果、連結決算上も税効果を認識することとなったためです。

[単独業績]
売上高につきましては、標準・量産機械部門のうちプラスチック加工機械が増加していることなどから、全体で20億円増収の2,570億円となる見込みです。その結果、営業利益は20億円増益の220億円、経常利益は10億円増益の170億円の見込みです。特別損益ではSHI CANADA INC.の解散に伴う利益約6億円もあり、△120億円の見込みです。なお、当期純利益は前回と変わらず20億円の見込みです。

(注)上記業績予想(連結・単独)につきましては現在入手可能な情報に基づき当社が合理的と判断したものであります。したがって実際の業績は経済環境、事業環境などの変化により、記載の予想数値とは異なる可能性がありますので、その旨ご承知おきください。