活動報告社会

事業活動に必要な資材のクリーン調達の推進や地域への支援・貢献を通じて、社会からの信頼獲得に努めています。また、関係取引先と連携して調達ガイドライン、各種法令および社会規範などの遵守に取り組むことで、互いの企業価値向上に取り組んでいます。

クリーン調達の推進

クリーン調達の実現は、住友重機械グループがその商品・サービスを通じて社会課題の解決に寄与する上で重要な要素です。このため、以下の取り組みを順次展開していきます。

  1. 1CSR調達ガイドラインの制定・公開

SHIグループがお取引先様にも推進していただきたい項目を定め、CSR調達ガイドラインを制定しました。

CSR調達ガイドライン

住友重機械グループは持続可能な社会の実現に向けて、経済的・技術的発展に寄与する商品とサービスの提供を目指しています。この達成のために、CSR調達ガイドラインをこの度制定しました。このような取り組みはお取引先様の皆様のご協力が不可欠です。お取引先様におかれましても、ガイドラインの各項目を推進されますようご理解とご協力をお願いいたします。

  1. 1.人権・労働・安全衛生
人権の尊重と不当な差別・労働およびハラスメントの禁止
年齢、性別、国籍、人種、出身、宗教、信条、学歴、雇用形態、精神的・身体的障害、結婚の有無等を理由に不当な差別・労働およびハラスメントを行わない。
労働関連法令の遵守
企業活動を行う国や地域の労働関連法令を遵守し、賃金を含む労働安全衛生管理を徹底する。また、強制労働、就労可能年齢に満たない児童による労働をさせない。
  1. 2.公平・公正な競争と取引
公平・公正な競争と取引の実現
企業活動を行う国や地域の法令を遵守し、公平・公正な競争と取引を制限・阻害するような行為を行わない。
知的財産の保護・尊重
第三者が所有する知的財産権(特許、実用新案、意匠、プログラム、著作物、商号、商標など法律上保護される利益に掛る権利)を尊重し、これを侵害しない。
不適切な利益供与の禁止
企業活動を行う国や地域の法令と商習慣を遵守し、不適切な利益の提供やサービスの要求をしない。
輸出入関連法規の遵守
貿易に関する法令を順守し、適正な輸出入手続きを行う。
機密保持
機密情報・技術情報・個人情報等を不当不正に取得・利用・開示・漏えいしない。
  1. 3.法令・社会倫理の遵守
各種業法の遵守
企業活動を行う国や地域の法令を遵守し、コンプライアンスを徹底する。
反社会的勢力との関係遮断
反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で立ち向かい、一切の関係を遮断しなければならない。
  1. 4.商品競争力とお客様満足の向上
品質・安全性の確保
製品安全に関する法令及び当社が求める品質・使用要求を満足する商品・サービスを供給する。
商品競争力の強化
コスト削減に寄与するVE提案、最適な工法・技術・材料に関する情報提供を推進する。
安定した供給
提供する商品・サービスの納期を確実に守り、また安定して供給できる体制を構築・運用する。
  1. 5.環境への配慮
関連法の遵守
企業活動を行う国や地域の環境に関する法令を遵守する。
環境事故ゼロへの取組み
環境リスクアセスメントを継続的に実施して、環境事故ゼロを目指す。
低炭素社会実現への貢献
電気・燃料使用量の削減と有効活用を積極的に進める。
省エネ商品の開発に務める。
  1. 6.情報開示
経営・財務・環境保全・社会貢献に関連する情報などについて、ステークホルダーに有用な情報を正しく適時に開示するとともに、社会とのコミュニケーションの促進に努める。
コンゴ民主共和国およびその周辺国産の紛争鉱物に関する弊社グループの基本方針

コンゴ民主共和国(DRC)では、反政府武装組織が地域住民に強制労働でスズ・タングステン・タンタルおよび金(以下「紛争鉱物」)を採掘させ、活動資金源として利用しています。さらに住民に対する組織的暴力が、国際的な問題としてとりあげられています。
2010年7月に成立した「ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法」の第1502条に関する手続きとして、2012年8月22日に「米証券取引委員会(SEC)による紛争鉱物開示規制に関する最終規則」が採択されました。これにより、米国上場企業に対し自社製品への紛争鉱物の使用に関して、毎年報告する義務が生じています。
住友重機械グループは社会的責任を果たすために、紛争鉱物の調達に加担しない方針です。弊社グループは本方針に基づき、必要な体制・施策の検討を推進してまいります。お取引先様にも弊社グループの方針にご理解をいただき、取組みへのご協力をお願いいたします。

  1. 2お取引先様への当社CSR・CSR調達ガイドライン説明会

各事業部門で開催している取引先説明会等の機会を利用して、当社CSRと調達CSRガイドラインの説明会を順次実施しています。

地域への支援・貢献

住友重機械グループでは、関係会社も含めて製造所や営業所などの拠点を広く展開しています。これらの各拠点では、それぞれの地域での支援・貢献活動を行っています。地域の清掃・献血への協力や自治体との防災協定の締結、市民祭り・地域運動会などの行事への参加や工場見学受け入れなどがその活動です。
人々の生活に貢献する商品の提供による社会貢献だけではなく、その製品を生産する工場立地の地域の皆さまのご理解とご支援を頂くことで、当社グループの社会貢献が実のあるものになると考えています。

  1. 1地域の清掃活動

新居浜工場のような工場周辺だけではなく、大崎に立地する本社部門でも地域の清掃活動に参加しています。

新居浜清掃活動
大崎清掃活動
  1. 2教育支援活動
トビタテ! 留学JAPAN

住友重機械では、文部科学省が中心となっている海外留学促進キャンペーン「トビタテ! 留学JAPAN」にも協賛し、将来の国際社会で活躍する人材育成に協力しています。

住友重機械エンバイロメントでは、南足柄市で行われている地域のイベントに参加し小学生への環境教育を継続しています。

住友建機は社会貢献活動として「住友建機少年野球教室」を開催しています。2004年に青少年の育成と地域の活性化を目的に始まり、既に60回近い回数を重ねています。
住友重機械マリンエンジニアリングでは、ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)が主催する「B&G東京湾海洋体験アカデミー」に継続的に協力しています。全国から集まった子供たちへ造船所見学や建造中のタンカーへの乗船体験、3次元CADによる設計体験や溶接シミュレーションなどのプログラムを用意しています。

住友重機械ギヤボックスでは、隣接する貝塚市西小学校の3年生を対象に、社会科見学の一環として工場見学を継続しています。小学生に変減速機の製造現場と、社会で果たす役割を紹介し、地域のつながりを活かした教育支援を行っています。