ごあいさつ

住友重機械工業は、1888年(明治21年)、別子銅山で使用する機械・器具の製作と修理を担う「工作方」として創業以来、社会と産業の発展とともに歩んできました。
現在、住友重機械グループは、一般産業機械から最先端の精密機械、さらに建設機械、船舶、環境・プラント機器までをカバーする総合機械メーカーとなっています。100余年の伝統のなかで培ってきた「モノづくり」の精神は、ナノテクノロジーから巨大構造物まで様々な分野に展開され、「動かし、制御する」確かな技術を駆使することで、豊かな社会づくりに貢献しています。
住友重機械グループは、その経営理念において、一流の商品とサービスを世界に提供し続ける機械メーカーを目指すことを企業使命としています。確かな技術に支えられた品質の高い製品とソリューションを世界各地のお客さまに提供し、それらが社会や産業基盤を支え、人々の生活が豊かになること、それが私たち住友重機械グループの願いです。
引き続き、皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長、CEO

別川俊介