コーポレートガバナンス体制

機関設計

当社は、取締役会による業務執行の決定を通じた経営の監督と監査役による監査の二重のチェック機能を持つ監査役会設置会社を採用しており、その中で、経営の透明性・公正性の向上を図るため、社外取締役の複数選任や任意の委員会の活用など監督機能を強化しています。

監督機能強化のための任意の委員会として、指名委員会、報酬委員会を設置するほか、重要経営戦略を審議する経営戦略委員会、当社グループの重要事項の情報共有を図り、業務執行を統括するための執行責任者会議等を設置しております。

事業領域が多岐にわたる当社において実効性の高い監督機能を確保するためには、当該体制が最適な機関設計であると考え、これを採用しています。

組織図

取締役会

役割・責務
取締役会および経営陣幹部は、売上高、営業利益、ROIC、配当性向等の具体的な数値目標を含む中期経営計画を株主のコミットメントの一つと認識し、その実現に向けて最大限の努力を行うとともに、当該計画が未達に終わった場合には、その原因を分析して株主に説明した上で、当該分析を次期以降の計画に反映させます。
構成
取締役会全体として実効的なコーポレートガバナンスが実現できるように、各取締役候補の専門性、経験(経営や事業の経験、グローバル事業展開の経験を含む)のバランスおよび多様性等を考慮します。

監査役会

役割・責務
監査役会は、社外監査役および常勤監査役で構成し、社外監査役はその強固な独立性を活かして監査役としての責務を果たします。
また、当社の社外監査役は、各分野における高い専門知識や豊富な経験を、常勤監査役は当社の経営に関する専門知識や豊富な経験を、それぞれ活かし、実効性の高い監査を行うとともに、取締役会および執行責任者会議等において経営陣に対して積極的に意見を述べます。
構成
監査役会としての実効性ある監査が実現できるように、各監査役候補の専門性、経験(経営や事業の経験を含む)のバランスおよび多様性等を考慮します。

指名委員会

役割・責務
取締役・監査役の選解任や最高経営責任者等の後継者計画等における決定プロセスの透明性・客観性を確保するため、指名委員会を設置しています。同委員会では、取締役・監査役候補の指名、取締役・監査役の解任、代表取締役・役付取締役の選定・解職および最高経営責任者等の後継者計画について、取締役会の諮問を受けて審議・答申を行います。審議・答申にあたっては、最高経営責任者等の業務執行の状況も確認します。
構成
委員長および委員の半数以上を独立社外取締役とし、加えて審議内容への意見陳述権を有するオブザーバーである社外監査役で構成しています。

役員指名については、こちらもご参照ください。

報酬委員会

役割・責務
取締役および執行役員の報酬に係る決定プロセスの透明性・客観性を確保するため、報酬委員会を設置しています。
同委員会は、取締役および執行役員の報酬制度、報酬水準等に関し、取締役会の諮問を受けて審議・答申を行います。
構成
委員長を独立社外取締役とし、委員の過半数を社外取締役・社外監査役からなる独立役員で構成しています。

役員報酬については、こちらもご参照ください。

経営戦略委員会

役割・責務
当社グループにおける経営戦略事項等に関し、社長の意思決定に資する、効率化・深化した議論を行う諮問機関として、経営戦略委員会を設置しています。当社および当社グループに関する重要な経営戦略、事業戦略等の取締役会付議事項およびそれに準ずる重要な意思決定事項を審議し、社長に答申しています。
構成
効率的な議論を行えるよう、社長および審議事項に関連し社長が指名する取締役等で構成しています。

執行責任者会議

役割・責務
当社グループ各事業の業務執行に係る情報や事業運営に影響を及ぼす重要事項の共有により、グループ内の業務執行を統括するため、執行責任者会議を設置しております。同会議では、当社グループの業務執行状況、取締役会の決議事項および重要な全社方針の周知を図ることで、連結業績の管理と経営施策のフォローをしています。
構成
業務執行者を中心とした情報共有を機動的に行うため、社長が議長を務め、当社の業務執行取締役、監査役および執行役員ならびに当社グループの各事業部門の執行責任者等で構成しています。

CSR委員会

役割・責務
持続可能な社会の実現に向け社会的責任を果たすために、中長期的な企業価値向上の視点から適切な指針を策定し、当社グループの諸活動を推進することを目的に、CSR委員会を設置しています。同委員会では、当社グループのCSRに係る基本方針や重要課題、中期および年度の計画、体制や推進状況等について審議し、取締役会に報告を行っています。
構成
広く全社事項を審議するため、社長が議長を務め、当社の取締役、監査役および執行役員ならびに当社グループの各事業部門の執行責任者等で構成しています。

リスク管理委員会

役割・責務
当社グループの事業遂行に際し直面、発生する可能性のあるリスクの識別、重要な影響を与えるリスクの適切な管理により、全社的、総合的なリスク管理を推進することを目的に、リスク管理委員会を設置しています。同委員会では、リスク管理方針の策定や重要リスクの選定、その対応に関する事項について審議し、取締役会に報告を行っています。
構成
広い事業分野を有する当社グループのリスクについて、事業運営面や技術面、事業管理面など総合的に審議するため、社長が議長を務め、内部統制担当役員や財務担当役員、技術担当役員等の関連する執行役員等、およびオブザーバーである常勤監査役で構成しています。

コンプライアンス委員会

役割・責務
法令等を遵守した経営の実践により社会からの信頼を高め、グループとしての企業価値の向上を図るコンプライアンス活動を推進するため、コンプライアンス委員会を設置しています。同委員会では、コンプライアンスに係る基本方針や問題が生じた場合の対応、推進計画等について審議し、取締役会に報告を行っています。
構成
当社グループの広い事業分野において、法的・倫理的な観点を踏まえた経営の在り方と、これに反する問題が生じた際の対応について多面的に審議するため、社長が議長を務め、内部統制担当役員や法務担当役員、技術担当役員等の関連する執行役員等、およびオブザーバーである常勤監査役で構成しています。
2020年度 各委員会構成

取締役会の実効性評価

当社では、取締役会が適切に機能しているか検証し、その結果を踏まえて問題点の改善や強みの強化に必要な措置を講じていくという継続的なプロセスにより、取締役会の機能向上を図ることを目的として、毎年、取締役会の実効性に関する評価を行っております。

2020年度の評価結果の概要は以下のとおりです。