機械式駐車場ならパズル式のパイオニア、住友のスミパーク

HOME >> 設計者の方へ >> レイアウトのしかた

レイアウトのしかた

機種の選び方を参考に機種を選び、設計資料をダウンロードする。
※ダウンロードにはSHIメンバー登録が必要です。

設計資料を参照し、収容車サイズを決定する。

乗降室タイプを選択する。
乗降室階リフト中心が駐車室階リフト中心となるようにレイアウトする。

必要寸法が確保されているかを設計資料でチェックする。

【ポイント】
● 乗降室床のリフト開口が確保されているか?
● 駐車室床のリフトピット必要寸法が確保されているか?
● ガイドレール必要寸法が確保されているか?

上記リフト開口からリフトピットに至る垂線上に躯体等の干渉がなければOKです。

空きスペース数を以下を参考に決定する。
● 1ブロックの空きスペース数は1〜4個以内にする。
● 台数優先は空きスペースを少なく、スピード優先は空きスペースを多くとる。
● 各層の空きスペース数は原則同じ数にする。
● 配置上凸状に飛び出しているスペースがある場合、飛び出し数+1の空きスペースが必要になります。

【例】
1つ飛び出しの場合の必要空きスペース数は2つ、2つ飛び出しの場合の必要空きスペース数は3つ

収容台数を算定する。
(1階層当たりの総スペース数 (リフトは含まない) − 空きスペース数) × 層数 + リフト部(スミパーク 1、GPS 0)

【例】
下図スミパークレイアウトで3層式の場合
(14(総スペース/層)−2(空きスペース))× 3層 + 1(リフト)=37台収容


内容チェック、出庫時間算出等についてはお気軽にご依頼ください。

 

簡単な配置計画 (乗降室階、駐車室階平面図、あれば断面図) に必要事項を添えて下記までお送りください。
最適のレイアウトをご提案させていただきます。

 

● 必要事項

収容車サイズ (M・ML・L) 、希望台数、制約条件 (乗降室位置、駐車室高さ等)、ハイルーフ車の有無(有の場合は希望収容高さ及び台数割合)

 

● 宛先

【東京】
〒105‐0021 東京都港区東新橋2−5−14
住友重機械搬送システム株式会社 
パーキングシステム営業部宛
FAX:03−5733−6378(TEL:03−5733−6375)

【大阪】
〒530-0005 大阪市北区中之島二丁目3番33号 大阪三井物産ビル
住友重機械搬送システム株式会社 
大阪支社パーキングシステム営業部宛
FAX:06−7711−5106(TEL:06−7635−3625)




Copyright© 2013 Sumitomo Heavy Industries Material Handling Systems Co.,ltd. All Rights Reserved.