Recruit

研究開発

長年の実績に裏付けられた確かな各種基盤技術をベースに、技術研究所が開発した基盤技術、要素技術を、コンポーネント、装置、システムへと順に連鎖させ、それらを住友重機械グループの製品群と組み合わせることで、効果的に「一流商品」の開発に取り組んでいます。

  • 機械システム技術

    メカトロニクスを中心とした要素技術と、それらを応用した精密システム装置の開発を行う。開発成果は、省エネを目的にしたハイブリッド建設機械、高度ディジタル化社会を実現する液晶・半導体装置、などの製造プロセスを支えている。

  • アクチュエータ技術

    機械システムでは、その機能を最大限に発揮させるために、アクチュエータ&ドライブ技術が重要。パワーエレクトロニクス、制御技術をベースに、より高度なアクチュエータ&ドライブの創造を目指す。

  • 量子極低温技術

    レーザや粒子線などのビーム発生技術およびビーム制御技術を開発し、エレクトロニクス、医療診断分野への利用技術の開発を行う。 また40年にわたり極低温環境を容易に実現可能な冷凍機の開発も進めている。

  • システム制御技術

    機械システムのいろいろな要素を有機的に結合し、全体として機能させたり、人間が操作するためのマン・マシンインタフェースを用意したり、ネットワークにつないでリモート操作や監視を行ったりするためのコンピュータによるシステム制御技術を研究する。

  • CAE・シミュレーション技術

    主に連続系シミュレーション(構造・振動・熱流体・分子)技術のCAE展開により多くの商品に対する開発支援を行っている。

  • 材料技術

    住友重機械グループ全体を対象にした、材料問題のソリューションを提供する。重厚長大機械から精密先端機械まで幅広い製品のサポートを行っている。

  • 計測・情報処理技術

    画像処理、最適化処理や離散事象解析といった情報処理技術を用いて、事業部製品や新商品の生産性と生産品質の向上、装置の知能化に取り組む。

  • 環境バイオ技術

    環境関連で培った生物学的および物理化学的な技術をべースに、環境関連の技術開発を行う。また、先進技術の結合によって新しい水処理技術を創造する。