Global SHI

U.S.A. Allentown(アレンタウン)

約1600人の従業員を擁す、
北米・中南米の住友重機械グループの資金効率の向上を図る。

北米・中南米地域での財務経理業務を担当しています。住友重機械グループは北米・中南米で約1,600人超の従業員を擁し、建設機械や変減速機等の製造・販売を行っています。こうしたグループ各社へ資金供給や業績を集計・分析するのが私の任務です。特に企画立案から携わった米州キャッシュマネジメントシステムの導入は思い入れのある仕事です。米国・カナダ・ブラジルでグループ内の余剰資金を集めて、資金需要のある会社に供給し、資金効率の向上を図っています。

事務所があるアレンタウンは、ニューヨークやフィラデルフィアから車で1時間あまり。リーハイバレーと呼ばれるこの地域は自然が豊かでありながら、大都会にも近く、便利な土地です。
同僚も皆フレンドリーで働きやすいですが、街の人々も親切でフレンドリー。ある日、田舎道で私の車がパンクしてしまったのですが、自分で直そうにも工具が足らず、困り果てていました。すると近所の人たちが三々五々やって来て、「手伝ってやろう」とのこと。自宅から色々と工具を持ってきてくれて、あっという間にタイヤ交換が済みました。私がお礼を言うと、彼らは「問題ない。気をつけてな」と笑顔で引き上げていきました。こうした話にはこと欠きません。残念ながら、日本では失われつつあるものがここにはあります。

余暇はその土地ならではの楽しみ方がある。
そして、海外での勤務で学んだこと。

アレンタウンの冬の平均気温は-2℃。朝は-10℃以下のことも珍しくありません。厳しい寒さではあるのですが、代わりに世界最高品質の雪が降ります。車で30分も走れば素晴らしいスキー場が数々あるのですが、日本の雪とは違い、まさに粉のようなパウダースノー。しかも混雑はありません。冬は週末ごとにスキーです。夏は地元マイナーリーグ球団の野球を観戦に行きます。球場はオフィスから約10分。10ドルあればお釣りが来ます。近年はマイナーリーグに所属する日本人選手も多いので、観に行けば少なくとも一人は日本人選手がプレーしています。近所のレストランで日本では有名なある選手に偶然お会いしたこともあります。

海外赴任を通じ、当たり前のことですが、誠実に正面から議論することの大切さを再認識しました。あるプロジェクトの導入にあたって、当初、米国人の同僚達からは強く反対されました。しかし、粘り強く説明し、一度納得を得られると、彼らはとても力になってくれます。こうして導入したプロジェクトは一定の成果を上げていますし、アンケートによる評判も上々です。
日本人だけでかたまって、閉鎖的になるのが最も良くない。臆することなく誠実に米国人と議論を繰り返すことで、はじめて成果がでます。私がここで仕事をした証として、たくさんの足跡(成果)を残したいと思っています。