平面研削盤

職人技術「キサゲ」の伝承により精密研削加工と高生産性を両立させた研削盤を提供し続けます。

超精密の世界を支える伝承の技術、「キサゲ」。匠の心を秘めた職人のこの技が住友重機械ファインテック(株)の半世紀にわたる平面研削盤製造の歴史です。当社は大型門型平面研削盤のトップメーカとして、工作機械メーカをはじめとして液晶半導体装置メーカ、自動車業界および金型業界に多数納入し、高い評価をいただいております。これからも多様化するお客様のニーズに応えた製品をタイムリーに提供し続けていきます。

特長

CNC門形平面研削盤 KSL Series

横軸といし頭と旋回といし頭を装備していますので、工作機械・産業機械の案内面、一般精密機械の部品等の平面を効率良く、高精度に研削できます。なおパレットチェンジャー(APC)、といし自動交換装置(AWC)等を付加することで無人運転ができます。

CNC門形平面研削盤 KSL-F Series

豊富な実績と最新のエレクトロニクス技術を結集して完成したコンパクトな門形平面研削盤です。大型金型、大型プレート、セラミックス、定盤等、幅広ワークの研削に最適な機械です。

CNC精密平面研削盤 KSH Series

対話入力式を標準装備していますので、金型、各種治工具、一般精密機械の部品等の平面が効率良く、高精度に研削できます。

横軸円テーブル形平面研削盤 SHR Series

自動サイクル運転にて効率良く安定した中高中低研削が可能です。パレット、定盤等精密量産品の仕上げ機として最適です。

立軸多面研削盤 SAR Series

ワンチャッキングで大形軸受、カービックカップリング、歯車、タービン、ジェットエンジン、ディーゼルエンジン、モータの部品等の円筒内外面、端面、テーパ面および球面を効率良く、高精度に研削できます。

立軸円テーブル形平面研削盤 SVR Series

重研削から精密研削に至るあらゆる平面研削が自動サイクル運転にて効率良く行えます。といしの選択により、金属材料を始め、セラミックス、ガラス等の広範囲な材料の研削ができます。

立軸円テーブル形平面研削盤 SPG Series

テーブル固定タイプの独自のメカニズムにより、光学ガラス、セラミックス、フェライト等の脆性材料、ならびに各種材質部品の超精密研削を可能とした立軸ロータリー研削盤です。

製品ラインアップ

この製品に関する情報・お問い合わせについて
この製品に関する情報・
お問い合わせについて

「平面研削盤」に関する詳しい情報は下記よりご覧いただけます。

住友重機械ファインテック株式会社

【お問い合わせ対象製品】
平面研削盤、クーラント処理装置