PET用サイクロトロンシステム

住友重機械はPET検査における標識RI製剤システムをリードし続けます

腫瘍・脳梗塞・心疾患などの画像診断に大きな効果を発揮するPET検査。数多くの医療機関に採用されているPET検査には、がん病巣に集積し位置を特定する18F-FDGなどの標識RIが欠かせません。
住友重機械のPET用サイクロトロンシステムは、この標識RIの製造に必要な放射性同位元素を安全かつ安定的に供給します。

特長

  1. 1信頼の加速器技術

住友重機械は1971年に原子核物理実験用大型加速器のAVFサイクロトロンを大阪大学核物理研究センター殿へ納入して以来、大型リングサイクロトロンや直線加速器、超コンパクトSR(シンクロトロン放射光)リングなど数多くの加速器を開発・製造し、日本の加速器技術の発展に寄与してきました。このような独自の加速器技術をもとに開発されたのがPET用小型サイクロトロンのHMシリーズです。1981年に京都大学医学部付属病院殿へ1号機を納入して以来、日本のPET用サイクロトロンシステムの普及と発展をリードし続けています。 (国内納入実績は約100施設を超え、トップシェアを有しております。)

  1. 2HMシリーズの豊富なラインアップ

陽子加速エネルギー7~20MeVまでの豊富なラインアップ(HM-7, 10, 12, 20)を取り揃えています。必要な核種・収量や設置スペース、自己シールドの有無など、お客様のご要望に応じて最適なシステムをご提案します。

HM-7
HM-12
HM-20
  1. 3安心のサポート体制

PET用サイクロトロンシステムにおける唯一の国産メーカとして、開発からアフターサービスまで万全の体制を整え、日本のPET診断を支えています。(愛媛県新居浜市に製造拠点を置き、北海道から九州まで国内8箇所にサービス拠点を有し、迅速なサービスを展開しております。)
施設立ち上げ時の運転トレーニングやオペレータ派遣などのご要望は住重加速器サービス(株)(当社100%出資)が受託いたします。

製品ラインアップ

この製品に関する情報・お問い合わせについて
この製品に関する情報・
お問い合わせについて

「PET用サイクロトロンシステム」に関する詳しい情報は下記よりご覧いただけます。

産業機器事業部

【お問い合わせ対象製品】
PET用サイクロトロンシステム、PET用薬剤合成システム、陽子線治療システム