スピニングマシンスピニングマシン、フローフォーミングマシン

回転塑性加工により、多品種少量生産・高付加価値生産を可能にし、金属加工の常識を変えていく!

スピニング加工 ~匠の技を未来へ継ぐ~
金属の板またはパイプ状の素材を回転させ、そこにローラーを押し付けて成形を行う回転塑性加工の一つ、それがスピニング加工です。板厚を変えることなく外径を変形させます。

フローフォーミング加工 ~金属の飴細工~
スピニングが比較的板厚の薄い板を曲げる加工であるのに対し、厚い板や塊に近い形状の金属を積極的に板厚を変化させることを目的として、さまざまな形に成形する加工です。

特長

  1. 1スピニング加工
  • 加工の自由度が高く、プレスでは多工程を要する複雑な形状の製品も、ほぼ1チャッキングで加工可能です。また仕上り板厚もある程度コントロール可能なことから、前後工程の省略、短縮も可能です。
  • 回転加工であるため、他の塑性加工に比べ、特に真円度等の精度に優れます。また加工はローラーによる点接触のため、非常にきれいな製品表面状態を得ることができます。
  • チップレス加工であり、材料歩留まりの改善に非常に有効です。
  • 金型は雄型だけで加工できるため、プレスに比べ金型費が安く、特に多品種少量生産に適しています。また消耗品も非常に少なく、ランニングコストも抑えることができます。
  1. 2フローフォーミング加工
  • 大きく分けて下記の5つの加工があります。内外面にギヤやスプライン形状等を成形することができます。
  • 加工部は組織が密になり、強度が大きく向上します。これにより板厚を薄くしたり、後工程の熱処理を省くことが可能になるケースもあります。
  • ツール交換によって複合加工も可能なので、一度機械にセットしただけでさまざまなフローフォーミング工法を組み合わせることで、複雑な形状も成形できます。従来は複数のパーツを溶接していたものを、1個のブランクから成形することも可能になります。

従来工法

2ピース溶接構造

フローフォーミング工法

1ピース成形
  • 板厚を自在に変化させるため、ボスや接合部といった強度が必要な箇所は板厚を厚く、それ以外の部分は薄くすることによって、材料費の低減や製品の軽量化が可能となります。
  1. 3フローフォーミングセンター(FFC)
  • FFC(フローフォーミングセンター)では、「スピニング工法に転換したい」「こんな形状はできるの?」といったお客様からのご要望にお応えするためにテスト機を常設しています。お客様からの試作依頼対応、お客様との共同開発、自社独自工法の開発を行っています。
立型フローフォーミングテスト機
パイプ加工用テスト機

製品ラインアップ

この製品に関する情報・お問い合わせについて
この製品に関する情報・
お問い合わせについて

「スピニングマシン」に関する詳しい情報は下記よりご覧いただけます。

日本スピンドル製造株式会社

【お問い合わせ対象製品】
スピニングマシン