排ガス処理設備

Clean the Sky ~活性炭だからできる総合排ガス処理~ 納入場所 新日鐵住金株式会社 大分製鐵所 納入年 2003年

長年の研究開発から、住友重機械は独自の乾式排ガス処理設備をつくりあげました。
本設備は、活性炭、移動層、再生循環の3つのキーワードから成り立っています。

特長

住友重機械は1960年代に活性炭を用いた乾式排ガス処理設備の開発研究に着手しました。研究所における性能面の研究、事業部も参画した移動層内の活性炭の流れの研究などを行なった後、実際の焼結機やボイラ排ガスを用いてパイロット試験を実施しました。
この成果から、1972年に重油ボイラ用の排ガス処理設備を関西電力株式会社殿に納入しました。さらに石炭ボイラ用の排ガス処理として、実証試験を経て、電源開発株式会社/磯子火力発電所殿に600MW用の設備を2002年に納入しました。一方、鉄鋼の焼結設備向にも1971年に脱硫脱硝同時処理設備として研究開発を開始し、1987年に新日鐵住金株式会社/名古屋製鐵所殿に1号機を納入しました。以後、国内だけでなくオーストラリア、韓国、中国に計10基の焼結向け排ガス処理設備を納入しています。
その他にも、セメントキルン、焼却炉用の排ガス処理設備としても、利用されています。

排ガスに含まれる多様な有害成分を除去できる。

排ガス温度が変わらない。

用水の使用量が少ない。

副生品(硫酸、石膏など)を設置場所に合わせて選べる。

廃棄物の発生量が少ない。

これら納入設備はいずれも順調に運転されており、客先から高い評価をいただいています。表-1に商業機納入の一覧表を示します。

【表-1】納入実績リスト

納入先 対象Gas 処理ガス流量
(m3N/h)
竣工年 備考
新日鐵住金(株) 名古屋製鐵所 NO.3焼結機 900,000 1987 商用機
新日鐵住金(株) 名古屋製鐵所 No.1&2焼結機 1,300,000 1999 商用機
電源開発(株) 磯子火力発電所 微粉炭焚Boiler 1,800,000 2002 商用機
福岡県大牟田市 Recycle発電所 RDF燃焼Boiler 106,000 2003 商用機
BlueScope Steel(旧BHP)
Port Kembla Steel Works
No.3焼結機 1,552,000 2003 商用機
新日鐵住金(株) 大分製鐵所 No.1焼結機 1,300,000 2003 商用機
POSCO Pohang Steelworks No.3焼結機 1,350,000 2004 商用機
POSCO Pohang Steelworks No.4焼結機 1,350,000 2004 商用機
新日鐵住金(株) 君津製鐵所 NO.3焼結機 1,650,000 2004 商用機
太平洋セメント(株) セメントキルン 160,000 2006 商用機
(株)神戸製鋼所 加古川製鉄所 NO.1焼結機 1,500,000 2009 商用機
山西太鋼不銹鋼股 有限公司 NO.2焼結機 1,444,000 2010 商用機
山西太鋼不銹鋼股 有限公司 NO.3焼結機 2,026,000 2010 商用機

本設備は優れた吸着剤である活性炭を使用しており、重金属、SO3など他方式では除去することが困難な有害成分も吸着除去することができます。さらに活性炭の持つ触媒としての機能を利用して窒素酸化物を分解除去します。移動層の中に充満している活性炭は、垂直方向(上⇒下)にゆっくりと移動します。移動中に水平方向に流れる排ガスと接触し有害成分を除去します。この方式は直交流移動層方式と言われ、集塵装置としての機能も持っています。排ガス中のダストも除去することができます。

有害成分を吸着した活性炭は再生塔で不活性雰囲気下で加熱され、吸着した有害成分を放出(脱離)します。有害成分を放出(脱離)した活性炭は捕集したダストや活性炭粉をふるいわけた後、再び吸着反応塔に送られ有害成分を除去します。移動層は3層に分かれており、各層の移動量を外部から変更できる構造となっています。これにより運転の情況を見ながら最適化をはかることができます。

製品ラインアップ

この製品に関する情報・お問い合わせについて
この製品に関する情報・
お問い合わせについて

「排ガス処理設備」に関する詳しい情報は下記よりご覧いただけます。

住重プラントエンジニアリング株式会社

【お問い合わせ対象製品】
排ガス処理設備、電気集じん機、蒸発、晶析装置、灰処理設備