Aが導くポテンシャルアップ

小さな機械で大きな仕事、そして確かな性能。

型締力を下げて安定成形ができる。

Zero-moldingは、精密安定性をそのままに、型締力を大幅に低減することが可能です。不良率の低減・メンテナンスの軽減・金型寿命の延長、そして省エネなど、さまざまなメリットがあります。


小さな機械に大きい金型を搭載できたら...。

型締力を下げられたとしても、既存の金型を小さい機種に搭載できないことがありました。


余裕の金型搭載能力、充実した射出能力。

SEEV-A-HDには、より大きな金型を搭載するための技術が結集しています。さらに、射出性能を強化し、製品の広範なニーズにも対応しました。小さな機械で、金型に優しく成形し、大きく確かな仕事を実現する。SEEV-A-HDは、生産現場を再び革新へと導きます。

大きな金型を搭載する、余裕の仕様。

型開ストローク・型厚・エジェクタストローク拡大

型開ストロークを従来機比25mm拡大、型厚は最小値を保持したまま型厚延長(100mm*/200mm*)が可能です。エジェクタストロークは、全機種220mmです。(同クラス最大値)*オプションです。一部機種では100mmになります。


タイバー間隔拡大

タイバー間隔を、従来機比で横方向8%×縦方向15%*アップしました。(同クラス最大値)*シリーズ各機種の平均値です。


金型搭載質量アップ

フレーム構造の強化により、最大金型搭載質量を従来機比で22%*アップしました。*シリーズ各機種の平均値です。


フレーム強化

フレーム開口部の変形を、50%低減。直進性が向上し、ガイドピンの摩耗や破損を防止します。


型締力を下げる、高精度化のための機能。

リニアガイドプラテンサポート・ブッシュレスタイバー

重い金型を搭載しても、高い平行精度を保ったままスムースな型開閉が可能です。タイバーブッシュをなくし、グリス飛散のないクリーンな生産環境を実現しました。


ダブルセンタープレスプラテン

金型にかかる面圧を平均化するセンタープレスプラテンを、可動側・固定側の両方に標準装備しました。


型締力フィードバック制御

型厚移動モータに高性能サーボモータを採用し、±1%のフィードバック性能を実現。所定の型締力を維持した量産を行うことができます。


制振加減速制御 S-MOVE

加減速時に滑らかな速度パターンを生成することで、振動を従来機比50%以下に低減しました。


キャパシティを広げる射出装置。

大射出容量に対応するスクリュ選択

C1100HD以上の可塑化装置に、選択可能な大きいスクリュ径を追加しました。射出容量の大きい製品に対応します。


薄肉品に対応する高充填仕様

最大射出速度を大幅にアップした、高充填仕様をラインナップ。薄肉製品の精密安定成形に対応します。高充填仕様はオプションです。


ラインナップ

SE220EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 2200
タイバー間隔(W×H) mm 660×660
プラテン寸法(W×H) mm
930×930
SE250EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 2500
タイバー間隔(W×H) mm 660×660
プラテン寸法(W×H) mm
930×930
SE280EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 2800
タイバー間隔(W×H) mm 730×730
プラテン寸法(W×H) mm 1020×1020
SE315EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 3150
タイバー間隔(W×H) mm 730×730
プラテン寸法(W×H) mm 1020×1020
SE350EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 3500
タイバー間隔(W×H) mm 830×830
プラテン寸法(W×H) mm 1140×1140
SE385EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 3850
タイバー間隔(W×H) mm 830×830
プラテン寸法(W×H) mm 1140×1140
SE450EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 4500
タイバー間隔(W×H) mm 920×920
プラテン寸法(W×H) mm 1300×1300
SE500EV-A-HD
項目 単位 数値
最大型締力 kN{tf} 5000
タイバー間隔(W×H) mm 920×920
プラテン寸法(W×H) mm 1300×1300