iii-System(iキューブ-システム) ―生産管理システム―

今、成形現場で何が起きているか、知りたくはありませんか?

品質確認・状況報告・日報集計を自動で収集し、成形現場の状況を遠隔地で確認できます。現場作業の効率化・稼働率向上・品質向上に役立ちます。

基本機能

図を拡大

  1. 1.運転状態表示
    成形機の稼働状況を一覧表示します。
  2. 2.品質モニタ
    成形機の品質状況確認できます。
  3. 3.成形条件管理
    設定された成形条件を管理できます。
  4. 4.成形条件履歴
    成形条件の変更状態を管理できます。
  5. 5.アラーム履歴
    成形機のアラームを管理できます。

※成形機により使用できない機能があります。

特長

現場が見える(成形現場の状況が見えます。)

図を拡大

  • 色により機械の状況を知らせます。
  • 生産数が分かります。
  • 現時点の機械の稼働率が、日、週、月単位で分かります。
  • アラーム履歴、停止履歴が分かります。
  • 設定値変更有無が確認できます。
  • 生産出来高が日、週、月単位で分かります。
  • 最新のサイクル時間を表示します。
  • リアルタイムに生産状況を確認できます。
  • 生産状態を色で表示します。(青=稼働、赤=異常、黄色=停止、グレー=電源OFF)
  • 工場レイアウトに合わせた配置ができます。
  • モバイル対応が可能です。(拡張オプション)
  • Webで、どこからでも成形現場の状況が見えます。
  • メール送信により、どこに居ても機械の異常発生を知らせます。

品質が見える(成形品質が見えます。)

  • 24時間の成形品質が見えます。
  • ショット間バラツキが見えます。
  • 成形条件が見えます。
  • 1年分の詳細データが見えます。
  • 品質データの相関が見えます。

新機能

生産進捗グラフ

図を拡大

iii-Systemに接続された成形機の生産進捗状況をグラフで一覧表示します。縦軸が日時を表しており、次に生産が完了する機械が一目で分かります。この機能を活用して頂くことで、段取り時間の短縮や過剰生産の防止に繋がります。

波形表示

図を拡大

1shot内の波形データを成形機側から任意に取得することができます。また、取得した波形データは、iii-System内に保存しておくことも可能です。

【ご注意】
本機能は、SE-D以降の機種のみ使用できます。

SE-DU:標準機能
SE-D:オプション機能
SE-HD/HS:オプション機能

活用例

電子あんどん

図を拡大

iii-System活用内容

工場内にプロジェクタを設置し、成形機の状態が一目でわかるようにiii-Systemのメイン画面を表示します。iii-Systemのメイン画面には、最新の成形機の稼働状態・生産数・成形条件の変更回数などが表示されており、現場の作業者が一目で工場内の機械の状態を把握できるようになります。

iii-System導入効果

  1. 1.見える管理の実現
    今まで見えなかった成形現場の状況が把握でき、現場の意識改革に繋がります。これにより、生産完了から次の生産準備までの時間や、成形機の異常解除までの時間を短縮することができます。(埋没ロスの削減)
  2. 2.生産性の向上
    誤った成形条件の変更を早い時期に把握し、不良品の数を最小限に押さえることができるようになります。(埋没ロスの削減)

トレーサビリティ

図を拡大

iii-System活用内容

iii-Systemの総括グラフの任意時間軸上でマウスを右クリックしトレンド/相関グラフを呼び出すと、その時間の前後でショット数の最も少ない時間からショット数の最も多い時間までのトレンド/相関グラフを作成します。この機能により、ロット開始時に成形機の品質管理カウンターをクリアすれば、そのロット全部の成形品のトレンド/相関グラフを出力することができます。このトレンド/相関グラフが安定している事で生産した成形品の品質保証ができます。(品質レポート)

iii-System導入効果

  1. 1.省人化の実現
    品質レポートをチェックすることで、1次検査は抜き取り検査のみとします。これにより、検査に掛かる時間と費用の削減を計ることができます。
  2. 2.お客様からの信頼UP
    成形現場に大型液晶モニタを設置し、トレンド/相関グラフを常に監視。これにより、お客様に対して成形品質管理をアピールすることができます。

日報電子化-拡張オプション-

図を拡大

iii-System活用内容

PDAなどの現場端末から、検査結果や最終生産数を入力することができます。また、これらの情報以外にiii-Systemから稼働率や生産状況等の情報を取得し、現場日報を作成することができます。日報システムは、お客様の生産形態に合わせて、3直までの対応が可能です。また、生産日報の電子化により、パソコンの画面に表示されたカレンダーから、参照したい日付を選択することで、簡単に過去の生産日報を呼び出すことができます。

iii-System導入効果

  1. 1.集計工数削減
    検査工程後の生産数の集計や、成形機の稼働状況などの集計に掛かる手間を大幅に削減できます。また、過去の生産日報/月報も簡単に探し出すことが可能です。
  2. 2.お客様からの信頼UP
    成形現場にプロジェクタを設置し、お客様へiii-Systemでの管理内容を説明することにより、お客様に対して成形現場管理をアピールすることができます。