住友重機械モダン株式会社

トップページ >  製品紹介 >  SPS7000

自動偏肉補正Tダイ SPS7000


■高速応答・コンパクト・クリーン対応

エア圧によるトルクアーム駆動方式(特許)を採用。偏肉補正指令に高速に応答します。エアギャップは従来型Tダイと変わらないコンパクト設計。 また、クリーン機構により、食品関係の包材製造ラインにも安心してご使用いただけます。

■高精度膜厚測定によるフィードバック制御

磁気と光センサによる複合計測システム(特許)により、アルミサンドや印刷基材など基材を選ばない高精度な計測を実現。放射線を使用しないので、安全性も優れています。

■優れた再現性を簡単操作で

初めて加工する製品でも偏肉補正を容易にする、自動演算機能を搭載。成形プロファイルのメモリ機能によって、再現性にも優れ、スピーディな生産立ち上げを可能にしました。 また、最終巻姿をシュミレートすることもでき、 生産管理の品質も向上します。コントローラはWindows対応。PC感覚で簡単に操作することができます。

Windowsは、米国Microsoft Corporationの登録商標です。



磁気と光による複合計測システム
プリセットデータ入力後、瞬時に膜厚が補正される。

©2011    Sumitomo Heavy Industries Modern, Ltd.    All Rights Reserved.