マーケティングとエンジニアリングの力で新しい価値を創造する造船所

住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
HOME > 採用情報 > 船舶建造の流れ > 営業開発担当の先輩紹介

船舶建造の流れ(営業・開発担当の先輩紹介)

営業

大湊  崇之(営業開発本部営業グループ所属)
自社の建造船で「カリブ海を埋め尽くす」のが目標
大湊  崇之(営業開発本部営業グループ所属)
1992年入社
専攻:文学部英文学科
営業 開発 設計 建造 引渡し

お客様の心をいかにつかむか

新造船の引合いから契約、引渡しまでの顧客対応業務が担当です。当社の船を販売プロモーションするために、企画立案や情報収集、プレゼンテーションなどを実施し、船主からの引合受領後は、受注に向けて船主およびブローカーと折衝します。受注後は、船主・ブローカーとの窓口となり、スムーズな建造・引渡しに向けての折衝や書類作成などの業務を行います。
常日頃、お客様の心をいかにつかむかという点に配慮しながら仕事を進めていますが、実際は案件や顧客によってそれぞれ対応が異なるため、マニュアル通りにいかないところは難しいです。ですから、担当した船の契約書にサインがされたときは本当にうれしいです。担当した船の引渡・命名式で、船の誕生を意味するシャンパンボトルが割られる時にいちばんやりがいを感じます。

オープンな職場環境の中で

当社の職場のいいところは、自分の言いたいことが言えること。オープンな環境がいいと思います。そうした職場環境に加え、これまで数々の顧客との折衝経験で学んだことは、自分の財産となり、自信につながっています。これからは、「住友重機械マリンエンジニアリングの建造船で、カリブ海を埋め尽くす」を今後の目標にしてチャレンジしていくつもりです。

<先輩からのメッセージ>

みなさんにとって“良い会社”とは何ですか。周りに流されず、じっくり選んでください。

開発

岡野  誠一(営業開発本部技術グループ所属)
顧客の満足が何物にも代えられない喜び
岡野  誠司(営業開発本部技術グループ所属)
2005年入社
専攻:水産科学研究科海洋生物資源科学
営業 開発 設計 建造 引渡し

総合力が試される職場

市場調査に基づいたタンカーの開発(基本設計)と、顧客側技術者との打ち合わせによる仕様決めが主な仕事です。仕事の上では、自社製品に関する知識はもちろんの事、競合他社あるいは国際規則の動向把握などが欠かせません。また、顧客との打ち合わせのためには、上記に加えて説明能力やコミュニケーション能力、さらには交渉術までもが要求されます。まさに総合力が試される職場だといえますね。
海外の顧客がほとんどなので、仕様書やその他の資料は英語が多いです。当然英語での打ち合わせとなります。まだまだ滑らかな説明はできませんが、こちらからの提案や説明に顧客が満足していただき、顧客との信頼が築かれたかなと感じる瞬間は何物にも代えがたい喜びですね。

私生活の何気ないことも仕事に活かす

住友重機械マリンエンジニアリング(SHI-ME)は、全社一丸となって顧客に満足していただける“もの造り”をすることができる職場です。周りの仕事に対する姿勢に刺激されて、私生活の何気ないことでも会社や船につなげる思考が身に付いてきていると実感しています。早く一人前の仕事ができるよう、尊敬できる先輩方を見習って成長していきたいと思います。

プロフィール 開発担当 岡野  誠一(営業開発本部技術グループ所属)

<先輩からのメッセージ>

就職活動は、「今まで見えなかった真の自分」を発見できる良い機会です。自分自身と対話を繰り返し、本当にやりたい仕事を見つけられると良いですね。一番大切なのは、「やる気」だと思います。やる気さえあれば何でもできます。一緒に素晴らしい船を作り、SHI-MEをもっと素晴らしい会社にしていきましょう。

PAGE TOP
Copyrights(C)2006 SUMITOMO HEAVY INDUSTRIES MARINE & ENGINEERING Co.,Ltd. All rights Reseved