マーケティングとエンジニアリングの力で新しい価値を創造する造船所

住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
HOME > 製品紹介 > 代表的な当社建造船舶

代表的な当社建造船舶

当社は、最近では顧客価値を追求したパナマックスタンカーやアフラマックスタンカーなど、タンカー分野で特色のある船舶を建造しています。また、今まで世界初のダブルアクティングタンカー、世界最大の冷凍貨物・自動車運搬船、世界初のダブルハルタンカー、ギネスに認定された世界一のグラブ式浚渫船、日本が世界に誇る大型練習帆船「日本丸」「海王丸」なども建造し、当社の前身である浦賀船渠発足以来、1300隻以上の船舶を建造してきました。

パナマックスタンカー「NEDAS」

パナマックスタンカー「NEDAS」

全長

213.36メートル

32.26メートル

深さ

18.50メートル

満載喫水

12.26メートル

載貨重量

61,281トン

パナマ運河を航行できる最大の船型(船幅32.2メートル以下、船長294メートル以下)を持つタンカーをパナマックスタンカーと言います。タンカーとしてはコンパクトなデザインとなり、使い勝手のいい船型です。「NEDAS」は、自動浚油装置を装備していて短時間の貨物油荷揚げが可能です。また荷役時の原油ガスを制御するVECS(Vapour Emission Control System)も装備しています。

アフラマックスタンカー「STAVANGER BAY」

アフラマックスタンカー「STAVANGER BAY」

全長

239.0メートル

42.0メートル

深さ

21.3メートル

満載喫水

14.85メートル

載貨重量

105,400トン

載貨重量8〜12万トンのタンカーが慣用的に「アフラマックス」と呼ばれています。「STAVANGER BAY」は、貨物油ポンプ3台により3種の貨物油を荷役できるとともに、異種の貨物油の混合を防ぐために二重弁で各系統を隔離。また、主機関や発電機には、国際海洋汚染防止条約の規制値をクリアする窒素酸化物の放出抑制対策を施すなど、環境汚染防止への配慮が十分になされています。

プロダクトキャリアー「UNIQUE PRIVILEGE」

プロダクトキャリアー「UNIQUE PRIVILEGE」

全長

239.0メートル

42.0メートル

深さ

21.3メートル

満載喫水

14.85メートル

載貨重量

105,400トン

ナフサや軽油など石油精製品を運ぶためのタンカーがプロダクトキャリアーです。「UNIQUE PRIVILEGE」には、各種石油精製品を運ぶために貨物油タンクの全表面に塗装を施し、バラストタンクはエポキシ塗装とバックアップ犠牲陽極による腐食対策を行っています。さらに荷役時の蒸気排出を制御するVECS(Vapour Emission Control System)を装備し、荷役中の大気汚染を防いでいます。

VLCC「OSPREY」

VLCC「OSPREY」

全長

335.0メートル

58.0メートル

深さ

31.2メートル

満載喫水

22.0メートル

載貨重量

301,963トン

VLCCとは、Very Large Crude Carrierの略で、一般に載貨重量20万トン以上の超大型タンカーを指す呼称です。「OSPREY」はダブルハル(Double Hull=二重船殻)タイプの船体構造を持ち、動的荷重を考慮した高度な解析手法を用いて設計されています。またVMS(Voyage Management System)を採用し、電子海図および航海計画に従った自動航路保持装置を装備するなど、ヒューマンエラーによる衝突、座礁の防止を重視しています。

ダブルアクティングタンカー「TEMPERA」

ダブルアクティングタンカー「TEMPERA」
ダブルアクティングタンカー「TEMPERA」

全長

230.0メートル

44.0メートル

深さ

22.5メートル

満載喫水

15.30メートル

載貨重量

106,000トン

世界初のDAT(DAT=Double ActingTanker・ダブルアクティングタンカー)方式による氷海タンカーが「TEMPERA」です。360度回転するポッド型推進器を装備し、氷海域では後進航行して砕氷性能の優れる船尾で砕氷を行い、通常の海域では推進性能に優れる船首を前に前進航行を行う画期的な方式(ダブルアクティング方式)を採用しています。
「TEMPERA」は技術的に難易度の高い構造を実現させた革新性、完成度が高く評価され、(社)日本造船学会の「Ship of the Year」を 2002年に受賞しました。

パナマックスバルカー「MYKALI」

パナマックスバルカー「MYKALI」

全長

225.0メートル

32.26メートル

深さ

19.30メートル

満載喫水

14.00メートル

載貨重量

76,400トン

「MYKALI」は、7つの貨物倉を保有する石炭、鉄鉱石、穀物を運搬するパナマックスサイズのバルカー(ばら積み運搬船)です。省エネ型の新型プロペラ・NBS(New Blade Section)プロペラや、船尾回りの水流を調整するダクト・SILD(Sumitomo Integrated Lammeren Duct)を装備することで、推進性能の向上を実現しています。

ケープサイズバルカー「FIRST SUN」

ケープサイズバルカー「FIRST SUN」

全長

270.0メートル

43.0メートル

深さ

23.80メートル

満載喫水

16.40メートル

載貨重量

151,511トン

「FIRST SUN」は、9つの貨物倉を保有するケープサイズの汎用ばら積み運搬船です。抵抗の少ない船型、高効率のプロペラ、風圧抵抗の少ない上部構造物を採用し、省エネルギー化を図っているのが特徴です。

冷凍貨物・自動車運搬船「SUNBELT SPIRIT」

冷凍貨物・自動車運搬船「SUNBELT SPLIT」

全長

212.08メートル

32.26メートル

深さ

33.95メートル

満載喫水

9.80メートル

載貨重量

17,950トン

本船は、9,600平方メートルの冷凍倉床面積と、6,190台の自動車積み台数を有する世界最大の冷凍貨物・自動車運搬船です。冷凍倉は8区画に分かれ、保存の適温が異なる果物・野菜・肉魚類が搭載可能となっています。日米間を往復する際、往路に日本から北米各地へ輸出される自動車を運び、復路はフロリダから日本へグレープフルーツ等を運搬します。

大型練習帆船「日本丸」

大型練習帆船「日本丸」

全長

110.09メートル

13.80メートル

深さ

10.71メートル

満載喫水

6.29メートル

載貨重量

2,570トン

帆面積

2,760平方メートル

マスト高さ

55.52メートル

「日本丸」と「海王丸」は、帆装艤装設計から製作まで、すべて日本国内で行われた初の大型帆船です。練習船として将来の船長、機関長になる若者たちを訓練しています。両船とも帆装型式は、4本マスト型で横帆18枚、縦帆18枚を備えた帆走性能に優れています。海王丸は1990年世界帆走最高記録を24年ぶりに更新しました。

PAGE TOP
Copyrights(C)2006 SUMITOMO HEAVY INDUSTRIES MARINE & ENGINEERING Co.,Ltd. All rights Reseved