マーケティングとエンジニアリングの力で新しい価値を創造する造船所

住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
HOME > 会社案内

会社案内

当社は住友重機械グループの造船事業を担っています。会社設立は2003年と日が浅いですが、沿革をさかのぼると、110年の歴史と伝統を誇ります。発祥の地である旧浦賀造船所、そして現在の横須賀造船所のある地域との交流を大切にしながら、世界中のお客様に一味違う個性的な船を提供し続けています。

会社概要

会社名

住友重機械マリンエンジニアリング株式会社

設 立

2003年4月1日

代表者

代表取締役社長 宮脇 伸賢

本社所在地

〒141-6025 東京都品川区大崎二丁目1番1号(ThinkPark Tower)
TEL 03-6737-2620  FAX 03-6866-5169

横須賀造船所

〒237-8555 神奈川県横須賀市夏島町19番地
総務担当 TEL 046-869-1717  FAX 046-869-1821
調達担当 TEL 046-869-1829  FAX 046-869-1786

ヨーロッパ事務所

ギリシャ(ピレウス)

事業内容

船舶・海洋構造物の設計、製造、改造、修理等

資本金

20億円

株主

住友重機械工業株式会社

従業員数

459人

組織図

組織図はこちら

関係会社

住重横須賀工業(株)

会社沿革

1897年(明治30年)  

榎本武揚らの主唱により浦賀船渠(株)を設立

1924年(大正13年) 

青函連絡船「翔鳳丸」竣工
(我が国初の旅客兼車両運搬船建造)

1962年(昭和37年)

玉島デイゼル工業との合併で浦賀重工業(株)に社名変更

1969年(昭和44年)

住友機械工業(株)と合併し住友重機械工業(株)を設立

1971年(昭和46年)

追浜造船所開設(現在の横須賀造船所)

1984年(昭和59年)

練習帆船「日本丸」進水
(皇太子殿下ご夫妻ご臨席・妃殿下支綱切断)

1997年(平成9年)

練習船「青雲丸」進水
(皇太子殿下ご夫妻ご臨席・妃殿下支綱切断)

2002年(平成12年)

世界初のダブルアクティング方式による氷海タンカー「TEMPERA」が日本造船学会作品賞「Ship of the Year」を受賞

2003年(平成15年)

住友重機械マリンエンジニアリング(株)設立

2007年 (平成19年)

本社事務所移転(東京都品川区大崎)

PAGE TOP
Copyrights(C)2006 SUMITOMO HEAVY INDUSTRIES MARINE & ENGINEERING Co.,Ltd. All rights Reseved