お知らせ 2009年度
お知らせ
小型ギヤモータを新発売

2009年06月29日

住友重機械工業株式会社(社長 中村 吉伸)は、平行軸小型ギヤモータ「プレスト NEO」の単相シリーズを7月1日より発売します。

平行軸小型ギヤモータは、小型コンベア、食品機械、包装機械、福祉機器など、さまざまな機械の駆動源として幅広く使用されます。インボリュートギヤ(*)を採用した「プレスト NEO」は、低騒音、設計の容易さなどを特徴として、2008年4月に販売を開始しました。近年、食品機械や農業機械など単相電源を必要とするお客様からのご要望を受け、単相電源用「プレスト NEO」の商品開発を進めてきました。新開発した「プレスト NEO」は、レストラン内や一般の店舗でも使用可能な静音性能を達成すると同時に、定格トルク比280%の高い始動トルクを実現しました。
当社では、今回開発した新シリーズを、単相電源を必要とする食品機械や農業機械、その他の自動機器に提案していきます。

*「プレスト」は住友重機械の登録商標です。
* インボリュートギヤ:歯形にインボリュート曲線(円に巻きつけた糸をほどいていく時に、糸の端点が描く軌跡)を用い、丸みを帯びた台形のような形が特長。現在、多くの製品で採用されている歯車機構。

【特長】


1.新開発の単相モータを採用(0.1kW 0.2kW)
コンパクトながら高い静音性能、始動トルクを両立させるため、コンデンサ始動型のモータを新開発しました。

2.大きな始動トルク
新設計の巻き線および余裕ある容量のコンデンサの採用により、定格トルクに対し280%という大きな始動トルクを実現しました。(0.1kW、0.2kW)

3.低騒音
回転部分各部の高精度化および電磁設計の最適化によりモータ部分の低騒音化に成功。
減速部においては、高い噛み合い率とケーシングの高剛性化で静かな運転音を実現しました。

4、耐ラジアル荷重が大きい
高負荷容量軸受と高剛性ケーシングの採用により従来品(アルタックス)の約1.2倍の出力軸許容ラジアル荷重を実現。お客様の設計自由度がさらに広がりました。

5、高品質塗装
単相ギヤモータを多く使用する食品・飲料関連のお客様に安心してご使用いただくため、異物混入防止に、最も信頼性の高い熱硬化性粉体塗装を全機種に標準で採用しました。


【機種構成】


 モータ出力 0.1kW ~ 0.4kW
 減速比    3~200
 取付方式   脚取付形、フランジ取付形
 モータ種類  単相ブレーキ無、倍電圧

【主な用途】


 食品機械、農業機械、遊戯機械、福祉機器、その他単相電源を使用する自動化機械

【標準価格】


 ¥24,700.-(0.2kW 単相モータ ブレーキ無 減速比30 税別)

【販売目標】


 5,000台/年(2010年度)

プレスト NEO