お知らせ 2006年度
お知らせ
高効率の分離型直交ギヤヘッドを発売

2006年04月19日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は、小形ギヤモータ「アステロ」シリーズ用の新型直交ギヤヘッドの販売を開始しました。この製品は、小容量の分離型ギヤモータでは業界初となるハイポイドギヤ採用製品です。

モータとギヤヘッドの連結部分に独自の結合方式を開発し、使いやすい分離型ギヤヘッドでありながら、高効率かつ高トルクなハイポイドギヤの採用をすることができました。またこれにより平行軸用のモータをそのまま直交軸用のモータとして活用することも可能、さらに主要取り合い寸法を平行軸ギヤヘッドと互換性を持たせたことにより、平行軸と直交軸の自在な使い分けができます。また、低騒音性能に優れているハイポイドギヤを最も騒音の発生しやすい一段目の減速に使用したため、静粛な運転を実現します。

「アステロ」ギヤモータは、当社ギヤモータ製品の中で最も小さい容量帯(25W~90W)にある製品で、モータとギヤヘッドは分離構造(別売)になっています。今回の製品は「アステロ」シリーズの各種モータと組み合わせて使用できる直交ギヤヘッドです。
このクラスの分離型ギヤモータでは平行軸のギヤヘッドが主流ですが、機械・装置のコンパクト化要求およびモータが機械から突出することによる危険防止のため、高性能の直交ギヤヘッドへのニーズが高まりつつあります。しかし、分離型直交ギヤヘッドでは効率の低いウォームギヤを使用した製品が一般的であり、高い出力トルクを得られませんでした。
一方、ハイポイドギヤを採用した高効率の商品は一体型のものしかなく、ギヤヘッドとモータの組み合わせの変更が容易でないという問題がありました。

当社はこの製品を小型コンベア、包装機械、食品機械など幅広い用途向けに提案していきます

*「アステロ」は住友重機械の登録商標です。


【特長】
1. 分離型では業界初のハイポイドギヤ採用(25W~90W)
独自の結合方式(特許出願中)により分離型の使いやすさとハイポイドギヤの高性能を両立しました。

2. 低騒音
低騒音性能に優れているハイポイドギヤを最も騒音の発生しやすい一段目の減速に使用したため、静粛な運転を実現します。

3. 高効率&高トルク
一般的なウォーム歯車に対して高効率であるハイポイドギヤの採用により、高い出力トルクを実現。特に中空軸タイプは減速比80以上の高減速比機種でもトルク制限がほとんどなく、モータの能力を100%引き出せる高出力トルク設計です。

4.使いやすさ
平行軸ギヤヘッドと同じモータをそのまま使用することが可能です。さらに平行軸ギヤヘッドと主要取合寸法に互換性を持っており、特に中実軸タイプでは軸径も同一のため、機械側の設計を変更せずに直交軸ギヤヘッドに交換することも可能です。出力軸方向は、中空軸タイプは左右どちらでも取付が可能、中実軸タイプは設計に合わせ右用と左用をそれぞれ用意しました。これにより平行軸と直交軸のより自由な使い分けができます。

【機種構成】
容量 25W(サイズ:□80mm) 、40W,60W,90W(サイズ:□90mm)
減速比 5~240(単体使用時)
250~2400(中間ギヤヘッド使用時)
取付方式 中空軸、中実軸(フランジ取付形)
組合可能モータ 住友重機械製「アステロ」モータ
インダクション(単相、三相)レバーシブル(単相)
スピードコントロールモータ
電磁ブレーキ付インダクションモータ
電磁ブレーキ付スピードコントロールモータ
(各種海外規格および電圧に対応)

【主な用途】 
コンベアやリフターなどの搬送機、各種自動化機械、食品機械、包装機械、
遊戯機械、福祉機器など。

【発売日】 4月19日
【標準価格】9,300円~27,540円(ギヤヘッド単体・税抜き)
【販売目標】5,000台/月

小形ギヤモータ「アステロ」シリーズ用の新型直交ギヤヘッド