お知らせ 2005年度
お知らせ
精密制御用減速機IBシリーズ P1タイプの発売

2005年12月14日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は、精密制御用減速機IBシリーズ、P1タイプを販売します。

IBシリーズは、サーボモータ用に開発された精密遊星歯車減速機で、P1タイプは、2001年に発売したIBシリーズPタイプの後継機種です。今回のモデルチェンジは、Pタイプ2種類(バックラッシ3min、10min)の内、バックラッシ10min仕様が対象です。P1タイプの最大の特長は、業界トップクラスのコンパクト性で、内部荷重バランスの最適化を実施し、当社従来機種と比較して約40%のサイズダウンを行いました。また、従来機種では1500Wだったモータ容量の上限を5000W(注1)まで拡大しました。
当社は精密制御用減速機IBシリーズのラインアップ充実に伴い、国内外の工作機械、液晶搬送、包装機械などのユーザへ積極的に拡販していきます。

注1 5000W対応は減速比1/5の機種。減速比1/9は3500W、減速比1/15は2000Wまで拡大。


【特長】
1. 業界トップクラスのコンパクト 
 1-1.ケーシングと内歯歯車の一体化
   ケーシングと内歯歯車を一体化することにより径方向の寸法を最小限
   にしました。
 1-2.大径アンギュラ軸受採用
   出力軸支持の大径精密アンギュラ軸受を採用しているので、
   コンパクトなケーシングで大きなラジアル荷重が受けられます。

2. 低バックラッシ 
 2-1.各々の部品精度を増すことによって無駄なく安定
   したバックラッシを実現しています。
    (バックラッシ:歯車間の遊び)

3.高速入力回転に対応 
 3-1.最新のサーボモータは最高回転数が高速化しているため、高速入力回転の
   対応範囲を広げました。(最高6000r/min)

4.入力・出力側インターフェースの対応範囲を拡大 
 4-1.装置への多様化する据付方法に対応するため、3種類の出力軸
   バリエーション(中実軸キーレス、中実軸キー付、フランジ軸)を
   準備しました。
 4-2.連結可能なサーボモータの対応機種を増やしました。
   対応サーボモータ
   三菱電機、安川電機、山洋電気、FANUC、松下電器、富士電機

【機種構成】
   容 量 50W~5000W
   減速比 1/5、1/9、1/15、1/21、1/33、1/45、1/81
   出力軸タイプ  中実軸キーレス、中実軸キー付、フランジ軸
   バックラッシ  15min

【主な用途】 
   移載ロボット、ロボット周辺機器、FA機器関連、工作機械、ローダ走行・軸駆動
   包装機械、木工機械、医療用機器、監視カメラ、ベンディングマシン、検査装置
   測定機器

【発売日】
   2005年12月15日

【標準価格】
   69,600円~165,200円(中実軸キーレスの場合)
  
【販売目標】
   2,000台/月(IBシリーズ P1タイプで)

精密制御用減速機IBシリーズ P1タイプ