お知らせ 2005年度
お知らせ
平行軸小型ギヤモータをフルモデルチェンジ

2005年11月04日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は、平行軸小型ギヤモータ アルタックスαシリーズ をフルモデルチェンジし、アルタックスNEOシリーズとして販売を開始しました。

2001年に発売した平行軸ギヤモータ アルタックスαシリーズ はコンベアや自動化機械、食品機械など様々な産業機械に幅広く使用されています。最近は生ゴミ処理機や立体駐車場など、生活に近い場所で使用されることも多くなり、以前より環境への対応を検討してきました。

今回、以下の改良を行い低騒音化を実現、環境に配慮した製品に仕上げています。
1)サイクロ減速機を従来の片持ち機構から両持ち機構に変更すると共に多数歯数差歯型を採用し、運転時の騒音を最大3dB低減(当社比)しました。
2)電磁ブレーキ付の機種は、稼働部にゴム製緩衝材を追加する事により、ブレーキ使用時の動作音を最大20dB低減(当社比)しました。
3)低減速比および高減速比の一部機種は、トラクションドライブを採用、噛合いよる騒音が発生しないため、最大15dB低減(当社比)しました。
当社はこの製品を小型コンベア、リフタ-、食品機械、生ゴミ処理機など幅広い用途向けに提案していきます。

*「アルタックス」は住友重機械の登録商標です。

【特長】

1.低騒音

a)両持ち機構のサイクロ減速機を採用
曲線板をはじめとする減速部を両側からサポートする事で剛性を高め、
円滑で静粛な運転を実現。

b)低騒音ブレーキを採用
ブレーキ付の機種はゴム製緩衝材を用いた低騒音ブレーキを標準採用。

c)トラクションドライブを採用(一部の機種)
歯車の噛合いによる音が発生せず、静粛な運転が可能。


2.コンパクト

FEM解析により、ケース部の強度を向上すると共に特殊熱処理材料を
減速機構部に採用する事で軽量・コンパクト化を実現。
特にフランジ取付形のフランジ寸法は業界最少クラスのコンパクトさ。
・旧型アルタックスシリーズに対して:70%の機種を1サイズダウン
・アルタックスαシリーズに対して :主要取合い寸法の互換性を確保
(旧型アルタックスシリーズは’93年から販売していた製品で、
 αシリーズ販売後も継続販売しています。)

【機種構成】
容量   :90W,0.1kW,0.2kW,0.25kW,0.4kW,0.55kW,0.75kW,1.1kW,1.5kW,2.2kW
減速比  :3~1003
取付方式 :脚取付形 フランジ取付形
モータ種類: 三相モータ、単相モータ、インバータ用モータ
     ブレーキ無、ブレーキ付
     屋内形、屋外形、安全増防爆形、防水形
     海外規格モータ、

【主な用途】 
コンベアやリフターなどの搬送機、食品機械、包装機械、
集塵機や生ゴミ処理機などの環境機器、
遊戯機械、福祉機器など。

【発売日】
   2005年11月 1日

【標準価格】
   19,100円~174,900円(三相モータ付の場合)
  
【販売目標】
   20,000台/月

アルタックスNEOシリーズ