お知らせ 2003年度
お知らせ
蒸留塔充填物の自動見積システムの開発について

2003年09月26日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は、石油化学、医薬、食品などの蒸留装置を使うユーザー向けに、蒸留塔充填物の見積をインターネット経由で短時間に提示するシステム「e-蒸留」を開発しました。10月1日より特定ユーザーに試用いただき、年内に一般ユーザーまで拡大する予定です。

当社は化学装置の主要機器の一つである蒸留装置の製造、販売を行っており、1972年の販売開始以来、国内外に約3000基の実績があります。近年、蒸留装置の市場はファインケミカルを中心とした設備の新設や既存設備の増設・更新需要により堅調に推移しています。また、市場の変化に合わせた迅速な設備建設や更新が求められており、計画策定から建設までを短期間に実施する必要があります。当社はタイムリーに蒸留塔充填物の見積を提示することは、設備計画を円滑に進める上で重要なサービスであると認識し、自動見積システム「e-蒸留」を開発しました。

「e-蒸留」は、当社ホームページからアクセスが可能で、型式・数量・材質等の指定項目へのお客様ご自身の入力によって自動的に見積金額と標準納期が表示され、そのまま有効な見積書として出力ができます。従来10日間前後の期間を要していた見積のご照会から見積書のご提出までの期間を省き、豊富な実績を持つ当社の蒸留塔充填物の導入を容易に検討していただくことができます。

本システムは、企業登録をしていだいたのちカスタマーIDとパスワードを設定し、お客様情報の保護を行います。
また、次のバージョンでは、仕様の検討・決定のできる簡易設計ソフトとも直結させ、よりお客様の利便性を向上させる予定です。