お知らせ 2001年度
お知らせ
直交軸ギヤモータ「ハイポニック減速機」NEOシリーズを発売

2001年11月02日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は、産業機械駆動用の直交軸ギヤモータ 「ハイポニック減速機」のホローシャフト(中空軸)タイプについて、新たにNEO(ネオ)シリーズを開発し12月より発売します。

1988年に発売した「ハイポニック減速機」はハイポイドギヤを使用した直交軸ギヤモータです。各種コンベア、食品機械等の駆動用として幅広く採用され、高効率かつ信頼性の高いギヤモータとして市場から評価されています。当社が業界ではじめて開発したホローシャフト(中空軸)タイプは特に人気が高く、現在高いシェアを有しています。

今回発売するNEOシリーズは、近年需要が増えつつある軽量コンベア、環境装置や医療福祉機器など、新たな市場ニーズに応えるべくコンパクト化をはかるとともに、ハイポイドギヤモータとして業界初のサービスファクター(注)対応を可能としました(特許出願中)。
さらに従来なかったモータの中間容量(0.25kW、0.55kW、1.1kW)を設定し、モータ容量と減速比の組み合わせが従来モデルの約3倍(三相モータホローシャフト形比較)に広げます。これにより幅広い市場ニーズに対応した最適な機種の選択が可能となります。

*「ハイポニック減速機」は住友重機械の登録商標です。


【NEOリーズの特長】

(1) コンパクト化
出力軸の中心からケーシングの端面までの長さを最大12%短縮。

(2) サービスファクター対応可能
ハイポイドギアでサービスファクター(SF=1.0~2.0)の対応が可能。

(3) モータ容量と減速機の組み合わせを充実
中間容量モータ(三相モータで0.25kW、0.55kW、1.1kW)を新たに追加し、組み合わせを従来比の約3倍に拡大。


【機種構成】

(1) モータ容量
三相200V標準モータ付 : 0.1kWから2.2kWまで9種
三相200Vインバータモータ付 : 0.1kWから1.5kWまで5種
単相100V標準モータ付  : 0.1kWから0.4kWまで3種

(2) 減 速 比 1/5から1/240

(3) タイプ ホローシャフト(中空軸)

(4) 発売機種数 標準機種として447通りの組合せを同時発売。(屋内形・ブレーキ無の場合)


【主な用途】
生ゴミ処理機などの環境機器。段差解消機や階段昇降機などの福祉機器。コンベアやリフターなどの搬送機、食品機械、包装機械、その他各種産業機械。

【標準価格】
ホローシャフト(中空軸)(三相モータ ブレーキ無)
24,200円から189,100円

【販売目標】 12,000台/月

(注)サービスファクター(SF)
モータ容量に対してギヤヘッドのもつ強度上の余裕を係数で表したもの。
SF=2.0は、ギヤヘッド容量がモータ容量の2倍余裕があることを示します。

直交軸ギヤモータ「ハイポニック減速機」NEOシリーズ