お知らせ 2000年度
お知らせ
パルス出力にて6軸補間制御を実現したコントローラ 「MP-Pulse」 を発売

2001年03月27日

住重制御システム株式会社(住友重機械100%子会社、本社:千葉市稲毛区、社長:児新栄太郎)は、制御部、I/O部、DC電源を内蔵一体化し、6軸補間制御を実現した6軸モーションコントローラ「MP-Pulse」を開発し販売を開始しました。
近年、半導体製造装置、FAライン、クリーン搬送ラインなどは、性能アップと小型化のために、サーボモータ、パルスモータ、DDモータ、リニアモータなど多様な駆動装置を用いた設計が必要になっています。また、装置やラインはより複雑で狭い経路を高速で搬送する機能が求められています。「MP-Pulse」はこれらの要求にこたえるコントローラとして、どのようなタイプのモータにも対応できるパルス出力としました。世界初(当社調べ)となる、6軸機構変換を行いながらの3次元補間制御を実現しており、補間時加減速などの制御と組み合わすことで、高速動作時における軌跡精度を確保しました。
半導体・液晶関連搬送装置、光・バイオ関連検査装置、精密位置決めステージをはじめ、各種ロボット・産業機械の制御など幅広い分野で適用が可能です。


1. 特長

(1) パルス出力にて3次元補間制御
 パルス出力タイプの制御としては世界初(当社調べ)となる、6軸機構変換を行いながらの3次元補間制御を実現しました。また、補間時加減速及び特殊オブザーバを採用し、高速動作時における軌跡精度も確保しました。これは、パルスモータなどオープンループの場合でも同様の性能が得られる画期的な機能です。

(2) コンパクトに機能集中
 制御部、I/O部、DC電源などを本体に内蔵した、小型オールインワンパルス出力タイプのモーションコントローラです。
各種サーボモータ、DDモータ、リニアモータ、パルスモータ、真空モータなどパルス列指令により動くドライバに接続され、混在にて使用する事も可能です。

(3) 豊富な機能とオープンネット対応
 標準ソフトウエアで3次元補間機能、演算機能、マルチジョブ機能(6ジョブ並列実効可)、PLC機能などを用意しており、直交、スカラ、多関節などのあらゆるタイプのロボットや産業機械への適用が可能です。

(4) オープンネット対応
 パソコンを使用し容易にプログラムができるオフラインソフト"PMT"を用意しています。当社NETボードを使用することにより、複数のコントローラを1台のパソコンでリアルタイムに制御ができます。さらに、デバイスネット注1)、CC-Link注2)など、各種オープンネットへの接続も可能となりました。

(5) 各種エンコーダ入力に対応
 独自のPLD開発により、各社ドライバより出力されるアブソリュートデータを受け取れます。また、各社エンコーダからの信号を直接受け取ることもでき、各社省線インクリメンタルとアブソリュートタイプを受け取ることが可能です。さらに、今後新タイプのエンコーダが投入された場合でも対応可能な構造になっています。

 注1) デバイスネットは、Open 潮DeviceNet Vendor Association,Inc.の 登録商標です。
 注2) CC-Linkは三菱電機株式会社の登録商標です。

2. 主要仕様

制御軸数: 最大6軸
入力電源: 単相 AC200V/220V 50/60Hz   (DC24V仕様:計画中)
適用ドライバ : パルス列指令入力タイプのドライバ
出力方式: 差動ラインドライバ方式 最大周波数10Mpps
位置検出方式: 各社省線エンコーダ及びアブソリュートエンコーダに対応
外部入出力: 標準32/32点(最大64/64点)
プログラム本数: 4本  各5~9999ステップ (可変)
寸法(W×H×D): 340×110×190(mm)
重量: 4キログラム

3. 用途
液晶・ウエハなど半導体関係の部品搬送、光・バイオ関連の検査装置、精密位置決めステージ、多関節ロボット制御、各種装置のローディング・アンローディング、ネジ締め・巻線機制御

4. 価格
6軸仕様  35万円

5. 売上目標
年間 500台

左からプログラムボックス、6軸 「MP-Pulse」 本体

【ご参考】
住重制御システム株式会社について
社  長: 児新 栄太郎
本  社: 千葉市稲毛区
朋立事業センター: 神奈川県平塚市
資 本 金: 2億円(住友重機械工業100%出資)
事業内容: 産業用サーボ制御装置、各種産業用システム、電気、電子機器
及びその応用システムの設計、製造及び販売
従 業 員: 120名
売 上 高: 約50億円/年
設  立: 平成11年12月1日
営 業 所: 大阪・名古屋など

住重制御システムに関する情報はこちらをご覧ください。