お知らせ 2000年度
お知らせ
住重制御システム、サーボアンプ内臓小型6軸制御装置「MPServo」を発売

2000年12月20日

住重制御システム株式会社(住友重機械100%子会社、本社:千葉市稲毛区、社長:児新栄太郎)は、従来の2分の1に小型化したサーボアンプ内蔵の6軸制御装置「MP-Servo」を開発し、販売を開始しましたのでお知らせします。
近年、半導体ウエハなどの搬送ラインは、複雑で狭い経路を高速に移動させ、瞬時に位置決めを行うことが要求されています。また、ワークサイズは大型化しており、モーター容量がアップする一方で、制御部はより小さくすることが求められています。「MP-Servo」はこれらの要求に対応するため約2分の1と小型化し、10倍以上の内部高速処理により、高精度の高速移動処理を実現しました。最大6軸、6kWの大容量モーターまで対応可能です。液晶・半導体関係部品の搬送装置や精密位置決めステージ用をはじめ、各種のロボットや産業機械の制御など幅広い適用が可能です。

1. 特長

(1) コンパクトで大容量
フルデジタルのサーボアンプが本体に内蔵されたコンパクトなオールインワンタイプの高精度位置決め制御装置です。本体には4軸のサーボアンプが内蔵され、適用容量は1軸当たり750Wまで対応できます。2軸の増設が可能で、当社製サーボエンジンをバス接続により、増設軸は最大6kWの大容量に対応可能です。
(2) 高精度軌跡制御
「新加減速方式」の採用により関節系ロボットの補間動作において、高速移動時の軌跡精度を確保しました。新制御方式を搭載し、速度リップル、整定時間を大幅に低減し、振動のない加減速、オーバーシュートのない位置決めなどサーボ性能も大幅に向上しました。
(3) 高速処理
最新の高速CPUを搭載することにより、従来機種と比較し、10倍以上の内部高速処理が行え、補間計算、ステップ間処理、I/O制御などの高速処理を実現しました。
(4) 省エネモード
ある一定時間動作が実行されない場合、サーボラインを自動的にOFFにする、省エネモードが選択できます。動作開始命令により自動的にサーボがONになり、動作が開始されます
(5) 豊富な機能とオープンネット対応
標準ソフトウェアで3次元補間機能、演算機能、など多彩な機能を用意しており、各種産業機械に適用できます。また、パソコンでプログラムができるオフラインソフト"PMT"を用意しています。当社ネットボードを使用し、パソコンと接続することにより、制御装置間をリアルタイムに制御ができ、さらにデバイスネット注1)、CC-Link注2)など、各種オープンネットへの接続が可能です。
(6) 各社ACサーボモータに対応
独自のPLD開発により、各社省線タイプ、アブソリュートタイプエンコーダ付ACサーボモータ、リニアモータなどに対応できます。また、フルクローズドループの対応もできますので、高精度な位置決め、絶対置精度の確保も可能になりました。
 注1) デバイスネットは、Open DeviceNet Vendor Association,Inc.の 登録商標です。
 注2) CC-Linkは三菱電機株式会社の登録商標です。

2. 主要仕様

  制御軸数: 標準仕様 4軸、増設 2軸  計6軸
  適用モーター: 同期型ACサーボモータ、リニアモータ
  適用モーター容量: 標準仕様 1軸当たり750W 4軸総容量2.4kW
  増設軸: 1軸当たり最大6kW
  位置検出方式: 各社省線、及びアブソリュートエンコーダに対応
  外形寸法(W×H×D): 4軸標準 230×260×250(mm)
  重量: 4軸標準 7.5Kg

3. 用途
液晶・ウエハ等半導体関係部品搬送、精密位置決めテーブル、各種ローディング・アンローディング、ネジ締め・巻線作業   などの制御

4. 価格
4軸標準仕様 68万円   6軸標準仕様 98万円

5. 売上目標
年間 1000台

左から、プログラムボックス、4軸「MP-Servo」本体

【ご参考】
住重制御システム株式会社について
社  長: 児新 栄太郎
本  社: 千葉市稲毛区長沼原町826
朋立事業センター: 神奈川県平塚市久領堤1-15
資 本 金: 2億円(住友重機械工業100%出資)
事業内容: 産業用サーボ制御装置、各種産業用システム、電気、電子機器及びその応用システムの設計、製造及び販売
従 業 員: 120名
売 上 高: 約50億円/年
設  立: 平成11年12月1日
営 業 所: 大阪・名古屋

住重制御システムに関する情報はこちらをご覧ください。