お知らせ 2000年度
お知らせ
プラスチック押出成形機の事業強化

2000年10月26日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は、シービーシー株式会社(本社 東京都中央区、社長 土井宇太郎)の子会社で、押出成形機メーカーのシービーシーテック株式会社(本社 横浜市港北区、社長 市川勝洋)の全発行済み株式を取得することで合意しました。10月20日に株式譲渡契約を締結し、10月末に全株式を取得します。

シービーシーテックは、押出成形機専業メーカーとして培った技術力と、幅広い品揃えを有し、当社とは市場および製品構成が補完関係にあることから、今後、両社の販売力、技術力を生かした市場開拓を進め、住重グループとして押出成形機分野で世界の主要メーカーに対抗し得る市場競争力と事業規模を目指します。
シービーシーは住友重機械工業に技術開発および製造を譲渡しますが、今後も販売面で提携し協力します。
シービーシーテックは2000年11月1日より、新社名、新体制でスタートする予定です。なお、シービーシーテック社のブランドである「モダンマシナリー」はそのまま継承します。

(シービーシーテックの概要)
社名 (現在)シービーシーテック株式会社
    (2000年11月以降)エス・エイチ・アイ モダンマシナリー株式会社(仮称)
本社      神奈川県横浜市港北区新吉田町2720-1
社長      市川勝洋(現在)
設立      1955年10月
資本金     150百万円
従業員数   約90名
売上高     34億円(1999年度)
事業内容   プラスチック押出成形機の設計、製造、販売
     

(住重の押出成形機事業についての概要)
当社の押出成形機事業は1966年、自社開発により押出ラミネータの1号機を納入が始まりで、以来「住友の押出ラミネータ」として市場で評価されています。食品など各種の包装資材用の押出ラミネート装置、無溶剤式のラミネート装置であるロールコータ、ラップフィルム製造用のTダイ式フィルム製造装置の3機種を中心に国内外に展開しています。

売上規模     約20億~30億
工  場     千葉製造所(千葉市稲毛区)
販売機種    ラミネート装置、フィルム製造装置、押出機