お知らせ 2000年度
お知らせ
精密鍛造事業の新会社「住重フォージング株式会社」設立

2000年06月28日

住友重機械工業株式会社(社長 日納義郎)は平成12年7月1日付けで精密事業部の一部門であるファインマテリアル部を分社化し、当社100%出資の新会社「住重フォージング株式会社」を設立いたします。

新会社は、当社の精密事業部の精密鍛造業務を引継ぎ、航空機用ジェットエンジンブレードをはじめ、航空機用機体部品、発電用タービンブレード、一般民生用部品に至る幅広い分野に、高品質、高機能の精密鍛造品を供給します。

当社はジェットエンジン用鍛造ブレードで国内唯一の供給メーカーであり、チタン合金や耐熱合金などの加工の難しい素材の塑性加工技術で、精密鍛造事業を発展させてきました。新会社の設立は、高い信頼性が求められる航空機部品で培った技術と品質をコアにして、同事業の一層の発展、拡大を目的としています。経営効率の向上を図り、競争力を強化するとともに、急激に変化する市場に迅速に対応し、顧客のニーズを的確にとらえる体制を目指します。

今年度の売上目標は45億円でスタートしますが、民間航空機やガスタービンなど、既存成長分野の拡大および新分野への進出により、2年後には売上高60億円の事業へ発展させる考えです。

なお、新会社の概要は下記の通りです。

住重フォージング株式会社の概要

会社名 住重フォージング株式会社 (英文名)Sumiju Precision Forging Co.,Ltd.
社長 水野 正三
本社所在地 東京都田無市谷戸町2丁目1番1号 (住友重機械工業(株)田無製造所内)
設立年月日 2000年7月1日
資本金 3億円(住友重機械 100%出資)
事業内容 精密鍛造品の製造・販売
従業員 約90名
事業規模 2000年度 売上目標 45億円
2002年度 売上目標 60億円