地域貢献活動

従業員が主体となり、各地域に役立つ社会貢献活動を考え、実践しています。

生物多様性への取り組み

当社グループでは生物多様性の保全に取り組んでいます。
これまでも、経団連の生物多様性宣言に賛同し、推進パートナーズに参加し、生物多様性の保全に寄与するよう植樹、植栽に努めてきました。

また、田無製造所では敷地面積43,000m2の約30%を占める武蔵野の森を保存しています。40種類以上の樹木が4,500本以上あり、170本近くが西東京市の保存樹木に指定されています。また、森の一部を「発想の森」と名付け、一般開放しています。

過去の生物生息調査では、数多くの生物が訪れており、地域の生態系の拠点であると同時に学術的研究においても貴重な自然の財産であるとされています。

このような田無製造所の森の維持活動だけでなく、その他各地区の工場でも構内の再整備に伴う緑地の増加や「どんぐり計画による」植樹を実施しています。

当社グループでは、より一層生物多様性の保全に貢献するため、(独)産業技術総合研究所が開発した日本版被害算定型影響評価手法、LIME2を活用して、当社グル―プの事業が与える生物多様性への定量的影響評価を実施しました。

その結果、当社グループでは木材の使用量を削減することが特に有効であることが分かり、製品梱包材の使用量削減に取り組んでいます。

具体的には、通い箱化による梱包材の繰り返し利用や、簡易梱包などに取り組んでいます。

また、梱包材の削減だけでなく、従来からの活動が本社、支社、製造所、グループ会社で活性化しているかも評価しています。

田無製造所 本館
発想の森で熱心にどんぐりを集める園児の姿

日本スピンドル製造(株)の植栽活動

評価項目は、植樹・植栽・グリーンカーテンの実施、用水使用量の削減、VOCの削減、埋め立て処分量の削減、再生可能エネルギー(電力)の利用等々で、生物多様性の保全活動への全員参加を図っています。

梱包材の削減の例
(株)セイサ

生物多様性への定量的影響評価