ダイバーシティ


多様性を企業の力に - 住友重機械グループのダイバーシティ推進 -

社長メッセージ

代表取締役社長 別川 俊介
代表取締役社長 CEO 別川俊介

住友重機械グループの「企業使命」のひとつである「一流の商品とサービスを世界に提供し続ける機械メーカーを目指す」を実現し継続していくためには、多様な人材がそれぞれの個性を活かしながら活躍できる組織の土壌が不可欠です。このような組織を実現するため、2016年度を「ダイバーシティ推進元年」と位置付け、まずは女性の活躍を重要な経営施策のひとつとして推進していきます。

ロードマップ

ロードマップ

ダイバーシティ推進体制

2015年より、女性活躍推進ワーキンググループが発足。経営に対する女性活躍推進のための提言を取り纏めました。その提言を受け、2016年4月に社長が「住友重機械グループ ダイバーシティ推進宣言」を行い、本格的にダイバーシティ推進活動がスタート。人事本部にダイバーシティ推進の専任組織「ダイバーシティ推進グループ」を新たに設置し、積極的なダイバーシティ推進施策を実施しています。

ダイバーシティ推進の基本方針と重点項目

当社グループがグローバルに事業成長を図るためには、グローバルに活躍できる多様な人材がより一層必要となります。当社ではそのような人材の確保、育成、配置を進めると同時に、多様な人材を受け入れられる職場作りを進めます。


基本方針

  1. 1事業のグローバル化に対応し持続的成長を図るために、ダイバーシティ・マネジメントを強化・推進する。
  1. 2ダイバーシティ・マネジメントを強化・推進するに当たり、まずは女性のキャリア形成促進を重要な経営施策のひとつとして推進する。
  1. 3多様な人材が、個性や能力を活かしながら活躍できるように、就労環境整備や両立支援を含むワークライフバランスの実現を推進する。

重点項目

  1. 1女性採用数の拡大
  2. 新規学卒者の採用において女性の比率を20%以上とする。

  1. 2管理職への女性の積極登用
  2. 2020年4月1日時点の管理職に占める女性数を2015年4月比で倍増とする。

  1. 3長時間労働の削減(ワークライフバランス)
  2. 2019年度に年間総労働時間1900時間台を達成する。


施策

女性のキャリア形成促進

女性向けワークショップ
全女性社員に向けたワークショップ。全13か所14回を1か月かけて実施しました
女性と経営者の対話の場
16年度より、定期的に女性と社長の対話の場を設け、女性の声を経営層に直接届ける機会を設けています。
女性の階層別研修
管理職一歩手前の係長級の女性を対象に研修、キャリアコンサルティングの機会提供、女性の上司と人事の個別面談を実施しています。
女性を部下に持つ上司向け研修
女性を部下に持つ上司全員に丸1日かけて研修を実施。無意識のバイアスや女性のライフイベント等についてロールプレイングも交え体系的に学ぶ機会を提供しました。
女性ワーキンググループ +1(Plus one)プロジェクト
事業所毎に3-4名の女性のワーキンググループリーダーが中心となって女性のための学びの場を作り、職場の女性に提供しています。2018年度は大崎本社ビルと横須賀製造所でそれぞれ3回ずつ開催しました。2019年度は全国の製造所に展開する予定です。
女性管理職育成研修
女性管理職育成研修
グループで対話
女性ワーキンググループ +1(Plus one)プロジェクト


意識啓蒙

ダイバーシティマネジメントに関する情報発信
社内のロールモデルや様々な部署での取り組み、ダイバーシティに関する情報やイベント等について定期的に情報発信を行っています。
  • グループ報「かるテット」
    社内報に常設コンテンツとしてダイバーシティに関する情報を掲載しています。
  • ダイバーシティ&CSRメールマガジン
    ダイバーシティとCSRに関するニュースをメールマガジン形式で月に1回配信しています。
    メルマガタイトルバナー
ダイバーシティマネジメント
ダイバーシティ推進啓蒙活動の一環として様々な層の管理職向けに研修やワークショップを実施しています。
(経営層向け研修、新任経基職研修、外国籍社員を部下に持つ上司向け研修、外国籍社員向け研修、外国籍社員座談会)
新任マネージャー研修
新任マネージャー研修
女性上司向け研修
女性上司向け研修


働きやすい環境づくり

2018年認定 くるみん
2018年認定 くるみん

従業員が安心して育児・介護と仕事を両立できるよう様々なサポートを提供しています。2018年にくるみんマークを取得しました。

育児中社員へのサポート
仕事と育児の両立支援ハンドブック
  • 保活(保育園入園のための活動)セミナー
  • 部下と上司のための仕事と育児の両立ハンドブックの配布
  • マタニティ作業服の支給
  • 育休中のキャリアアップ
    育休中の女性に自宅で受講可能な各種講座の紹介・補助を実施しスキルアップの機会を提供。通信教育の各種講座受講・社内通信教育補助、資格取得受験料補助、図書購入補助、e-learning(無料)など。
  • 育休後復職支援セミナー&上司面談実施
    育休からのスムーズな復職を目的に復職支援セミナーを実施。また、人事から上司へ復職前面談シートを配布し、効果的な復職面談の実施をサポート。
  • 託児所の社員優先入所枠設定(千葉製造所)
  • ベビーシッター・育児サービス利用補助(通常のカフェテリアプランの1.5倍のポイントで利用可)
  • 家事代行サービス利用補助(通常のカフェテリアプランの1.2倍のポイントで利用可)
男性の育児休業取得促進
社内報やイントラ上で男性の育児休業の取得体験談を掲載するなどして意識啓蒙を行っています。また、育児休業を取得できる男性本人、上司、事業所人事それぞれに、育児休暇取得を勧めるメールを人事担当役員名で送信しています。
2016年度は4名の取得でしたが、2017年は9名の取得があり、取得者は徐々に増えています(SHI単体)。
  • 男性育休取得者の声
    プラントの基本設計に携わっており、1つのプロジェクトの期間としては4年ほどかかります。早めに相談したことで、育児休業期間中に控えていた試運転を他の人に変わってもらうことができました。育休は一生に何度も取得できるものではありません。私にとっては非常に貴重でかつ有意義な経験でした。
  • 上司の声
    家庭のことはコントロールできないけれど、仕事はみんなでコントロールできます。育休だけではなく、誰かに何かが起こったときは「お互いさま」となるように平等に仕事を担当してもらうように心掛けています。
ファミリーデーの開催
職場に家族を招待する「ファミリーデー」を各事業所で開催しています。


働き方・休み方改革

働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する第2回日経Smart Work経営調査において、3.5星に認定されました

柔軟な勤務体系
  • コアタイム無しのフレックス
  • 時間単位年休
在宅勤務の導入
柔軟な働き方を推進するため在宅勤務導入のためのトライアルを2018年度中の本格導入に向け実施しています。
定時退社日
各事業所毎に定時退社日を設定しています。本社では毎週水曜日、社内放送と巡回により定時退社順守を促しています。
有給休暇・積立休暇の利用
年間の有給取得日数は16.3日(2017年度、SHI単体)。
有給の繰り越しと積立休暇を合わせて最大104日が一定条件を満たす場合に取得ができます。 積立休暇は不妊治療や子供の育児・看護、家族の介護にも利用でき(取得は有給)、女性のみならず社員全員のライフイベントを支える制度となっています。
また、ボランティアや自己研鑽のために取得する事も可能です。

仕事と育児・介護の両立を支援する主な制度



利用数(実績)

介護休業取得者 2015年度
  • 0名
2016年度
  • 2名
2017年度
  • 3名
男性の育休取得者 2015年度
  • 4名
2016年度
  • 3名
2017年度
  • 9名
男性の配偶者出産休暇利用 2015年度
  • 61名(/111名)
2016年度
  • 74名(/122名)
2017年度
  • 54名(/91名)
女性管理職数(課長以上クラス) 2015年度
  • 11名
2016年度
  • 11名
2017年度
  • 13名
2018年度
  • 14名
女性管理職数(係長クラス) 2015年度
  • 7名
2016年度
  • 15名
2017年度
  • 16名
2018年度
  • 18名

多様な人材の活躍
日本で働く外国籍社員の活躍支援

  • 日本語教育
  • 外国籍社員向け情報共有サイトをイントラ上に設置
  • 外国籍社員向け研修
  • 有志による外国籍社員ネットワーキング
障がい者雇用
障がい者の方の雇用と定着のために様々な取り組みを行っています。
障がい者クリーングリーンチーム
クリーングリーンチーム
  • クリーン・グリーンチーム(横須賀製造所)
    製造所内の清掃等を担っています。
SHIいきいきファーム
SHIいきいきファーム
  • SHIいきいきファーム
    障がい者の方が農園で野菜を育て、その野菜を従業員へ格安で販売したり、社内のお弁当に利用する事で、従業員の健康的な食生活をサポートしています。その売り上げは社会福祉に貢献されているNPO法人に全額寄付しています。