活動報告商品・サービス

「社会課題解決のための商品・サービスの提供」を目的として、さまざまな部門での事業活動を通じて社会への貢献を果たしています。商品企画や開発の段階から顧客価値を徹底的に追求し、顧客満足度の向上に取り組んでいます。

社会課題解決のための商品・サービスの提供

住友重機械グループの商品・サービスが社会に存在を認められるためには、社会の具体的課題を解決していることが必要です。私たちが扱っている商品・サービスがどのように社会の課題を解決しているかを社員との対話を通じて「社会貢献」の視点で問い直しています。

CFB発電システム

  • 循環流動層(CFB)ボイラを利用した発電システム。さまざまな燃料を効率よく燃焼でき、バイオマスなど再生可能エネルギーにも対応できます。
  • 石炭以外に、利用されない樹木(間伐材)や椰子殻等の多様な燃料を用い、高い効率で発電し、CO2発生を削減しています
  • 新興国へ環境に配慮したインフラ設備を提供しています

私たちの仕事が、地球温暖化対策、森林保全、エネルギー供給を通した他国の産業と技術革新の基盤作りに役立っています。

下水処理設備

  • 87万人分の生活水をきれいにしています
  • 設備の省エネを通して、5,500世帯相当の電力使用量を削減しています

私たちの仕事が、快適な生活と大規模な省エネに役立っています。

運搬荷役機械

  • 省エネだけではなく、自動化で労働人口の減少を補う仕事をしています
  • 港湾での船舶からの荷降ろしを効率化することで、私たちの豊かな生活を支えています

私たちの仕事が、人口減少問題の解決や豊かな生活を支えることに役立っています。

極低温冷凍機/クライオポンプ

  • 私たちの極低温冷凍機を使用したMRIは、年間約8,700万人の検査をしています
  • クライオポンプは、スマートフォン用チップの生産工程では欠かすことができません

私たちの仕事が、人々の健康維持や豊かで便利な生活のために役立っています。

製品品質向上

住友重機械グループでは、多様な商品・サービスを通して、お客様に価値を提供し続けることができるように、品質方針を定めて商品・サービスの品質を作り込んでいます。「中期経営計画2019」では、お客様視点での品質指標を各事業部門で設定し改善に努めています。

住友重機械グループ品質方針
品質理念
グローバルで認められる世界基準品質をたゆむことなく追求し続け、お客様が価値を実感できる製品・サービスを一貫して提供し続けます。
品質方針
顧客視点:顧客視点で本来あるべきレベルの品質を念頭に目標を定めます。
継続的進化:品質システムを継続的に進化させ続け、プロセス思考で品質を作り込みます。
全員参加:品質に関わる一人一人が目標を持ち、全員で品質と正面から向き合います。

納期遵守・短縮、事業継続計画

顧客が求めるものを求めるときに提供することが不可欠であるという考えにのっとり、生産技術センター主導での「製造リードタイム削減目標の設定と活動」を行っています。事業の内容に応じてリードタイムの定義をそれぞれ検討し、活動の焦点を明確にしています。
また納期遵守だけではなく、供給責任という社会的役割を考慮し、事業継続計画についての対応も進めています。

  • 事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)
    災害や事故の発生に伴って通常の事業活動が中断した場合に、可能な限り短い期間で再開できるように事前に準備する計画。