沿革

泉屋と称し、銅吹業、銅貿易、銅山業を営んでいた住友の事業は、元禄4年(1691年)四国別子銅山の開抗により発展しました。明治21年、この別子銅山で使用する機械・器具の製作と修理のため「工作方」が設置されました。これが当社の創業です。

明治27年機械課、昭和3年には新居浜製作所と名称を変え、昭和9年に住友機械製作(株)として独立。昭和15年には住友機械工業(株)と改称しました。

昭和44年には、明治30年、榎本武揚の主唱によって設立された浦賀船渠(株)にはじまる浦賀重工業(株)と合併、住友重機械工業(株)となり追浜造船所(現:横須賀製造所)、東予製造所(現:愛媛製造所)の大型工場を開設し、重工業会社としての基盤を確立しました。

当社は絶えざる技術革新と最先端の技術の応用に努めています。当社の事業領域は、生産関連およびインフラ関連から最先端技術分野まで幅広く多岐にわたっており、最近ではファイン、メカトロ、システム技術を中心に研究開発を進め、液晶・半導体関連製造装置、デジタル家電関連製造装置など精密制御機器・キーコンポーネントを、変減速機、プラスチック加工機械に次ぐ第3の柱と位置づけています。

  住友機械の出来事 浦賀重工の出来事
1888(明治21)年 11月20日別子鉱業所の工作係として発足  
1897(明治30)年   6月21日浦賀船渠(株)設立
1902(明治35)年   (株)東京石川島造船所浦賀分工場を買収合併
1928(昭和3)年 住友別子鉱山(株)新居浜製作所と改称  
1934(昭和 9)年 11月1日住友機械製作(株)設立  
1940(昭和15)年 住友機械工業(株)改称  
1945(昭和20)年 四国機械工業(株)改称  
1948(昭和23)年   玉島デイゼル工業(株)を設立
1949(昭和24)年 5月東京および大阪の両証券取引所へ株式上場  
1952(昭和27)年 住友機械工業(株)社名復元  
1953(昭和28)年   玉島デイゼル工業(株)を浦賀玉島デイゼル工業(株)と改称
1957(昭和32)年   ニューヨーク事務所[現 SHI(USA)]開設
1958(昭和33)年 6月名古屋証券取引所へ株式上場  
1959(昭和34)年 廣造機(株)を経営系列化  
1961(昭和36)年 名古屋製造所開設  
1962(昭和37)年 平塚研究所開設 浦賀玉島デイゼル工業(株)と合併して浦賀重工業(株)となる
1964(昭和39)年   ロンドン事務所[現 SHI(Europe)]開設
1965(昭和40)年 千葉製造所開設
日特金属工業(株)資本参加
 
1966(昭和41)年 スミトモ・マシナリー・コーポレーション・オブ・アメリカ(SMA)設立
平塚に環境衛生研究所を設立
 
  住友重機械工業の出来事
1969(昭和44)年 6月 住友機械工業(株)と浦賀重工業(株)が合併して 住友重機械工業(株)となる
1971(昭和46)年 6月 追浜造船所(現横須賀製造所)開設
8月 住友重機械エンバイロテック(株)設立
1972(昭和47)年 5月 住友エール(株)(現住友ナコ マテリアル ハンドリング(株)設立
12月 サイクロトロン1号機納入
1973(昭和48)年 2月 大島造船所設立
11月 東予製造所開設
廣造機(株)と日本水力工業(株)を合併し、新日本造機(株)を設立
1974(昭和49)年 6月 ドイツサイクロ社(現 Sumitomo(SHI)Cyclo Drive Germany GmbH)に資本参加
10月 住友イートン機器(株)設立
1975(昭和50)年 2月 田無にシステム研究所を設立
9月 我が国初のULCC(42万トンタンカー)進水。後に世界最大の「SEA WISE GIANT」(56万トンタンカー)にジャンボライズ
1976(昭和51)年 11月 Malaysia Shipyard & Engineering 設立
1977(昭和52)年 11月 Sumitomo Cyclo Redutores do Brasil Ltda. (SCB)設立
1978(昭和53)年 5月 韓国に東国重機工業設立
1979(昭和54)年 3月 因島大橋剛桁受注
1980(昭和55)年 3月 SPMコーポレーション(現米州SHIプラスチックマシナリー社)設立
医療診断用小型サイクロトロン開発
4月 住友重機械鋳鍛(株)(現住友重機械ハイマテックス(株))設立
1981(昭和56)年 4月 世界最大16,000トンプレス完成
1982(昭和57)年 3月 ガスタービン搭載護衛艦1番艦「はつゆき」引渡し
10月 日特金属工業(株)合併、精密事業本部(現精密事業部)発足
12月 新日本造機(株)を東証2部に上場
1983(昭和58)年 4月 住友イートンノバ(株)設立
平塚研究所と環境技術研究所を統合
1984(昭和59)年 9月 日本初の純国産練習帆船「日本丸」引渡し
1985(昭和60)年 3月 香港事務所開設
6月 中国に深国際建設機械有限公司設立
1986(昭和61)年 10月 住友建機(株)設立
1987(昭和62)年 8月 SMAの工場をニュージャージーからバージニアに移転
11月 世界最大級のリング・サイクロトロンを大阪大学より受注
1988(昭和63)年 4月 レーザ加工機事業に進出
瀬戸大橋開通
10月 ディーゼルエンジン部門を分離、IHIと共同で(株)ディーゼルユナイテッド設立
1989(平成元)年 1月 川間工場跡地にSHIリゾート開発(株)設立
5月 カナダのレーザ機器メーカー・ルモニクス社を買収
9月 練習帆船「海王丸」引渡し、横浜ベイブリッジ完成
12月 世界最小のシンクロトロン放射光(SR)発生装置完成
1990(平成2)年 10月 射出成形機の販売・サービス会社の住友重機械プラスチックマシナリー(株)(旧SPM)を設立
1991(平成3)年 3月 世界初の95,000トン二重構造タンカー引渡し
10月 住友重機械エンバイロテック(株)を吸収し、環境事業を強化
1992(平成4)年 1月 超精密平面研削盤「KSX-815」日刊工業新聞社「十大新製品賞」受賞
6月 田無に量子技術研究所を設立
7月 平塚にレーザセンター完成
1993(平成5)年 3月 当社初のダブルハルVLCC引渡し
4月 玉島製造所(現岡山製造所)内に小形サイクロギヤモータ 「アルタックス®」の専用工場開設
6月 世界最大級高濃度泥土圧送船「伯凌」引渡し
8月 世界最大吊橋「明石海峡大橋」補剛桁受注
1994(平成6)年 4月 総合技術研究所設立
小形サイクロ®ギヤモータ「アルタックス®」が「日経BP技術賞」受賞
8月 東京地区8事務所が統合、本社品川区へ移転
12月 中国・天津市にサイクロ®減速機の新会社 住友重機械減速機(天津)有限公司設立
1995(平成7)年 1月 東京湾アクアライン橋梁竣工
5月 世界最大級のグラブ浚渫船「東祥」引渡し
8月 発電用ボイラ1号機納入
大型試験艦「あすか」引渡し
9月 カナダの関連会社 ルモニクス社 カナダ証券市場に上場
シンガポールにサイクロ®減速機の新会社 東南アジア住友サイクロ社設立
10月 IHIと共同で艦艇に関する合弁会社(株)マリンユナイテッド設立
1996(平成8)年 3月 鉄鉱石3,300T/H、石炭2,200T/Hの荷役能力を有する世界最大連続アンローダ納入
4月 台湾にサイクロ®減速機の新会社 大同住重減速機股有限公司設立
10月 イギリスに欧州サイクロドライブ社設立
1997(平成9)年 2月 つくば市の全連続式大型都市ごみ焼却施設「筑南クリーンセンター」完成
4月 韓国にサイクロ®減速機の新会社 SM-サイクロ・オブ・コリアを設立
川間工場跡地に「シティマリーナヴェラシス」オープン
6月 追浜造船所を横須賀造船所と改称
10月 練習船「青雲丸」引渡し
1998(平成10)年 1月 米国に射出成形機の生産会社 米国住友プラスチックマシナリーマニュファクチャリング社設立
3月 クルップ・ウーデ社とガス化炉に関し技術提携
4月 世界最長の明石海峡大橋開通
5月 電動式射出成形機SE-Sシリーズ販売開始
田無製造所から岡山製造所にギヤボックス工場移転
6月 IPP用石炭火力発電設備受注
1999(平成11)年 3月 兵庫県明石市の全連続式大型都市ごみ焼却施設
4月 来島海峡大橋(しまなみ海道)開通
5月 大阪製鎖造機(株)(現(株)セイサ)買収
6月 執行役員制導入
12月 住重制御システム(株)設立
2000(平成12)年 1月 総合技術研究所を技術開発センターに改組
3月 訓練支援艦「てんりゅう」引渡し
7月 精密鍛造事業を分離し、住重フォージング(株)を設立
10月 住重ファインテック(株)設立
11月 押出成形機メーカ、シービーシーテック(株)を買収し、エス・エイチ・アイ モダンマシナリー(株)としてスタート
2001(平成13)年 3月 NKK、日立造船と製鉄プラントの販売会社スチールプランテック(株)設立
4月 住友建機(株)を道路機械・ショベル機械事業の住友建機(株)とクレーン事業の住友重機械建機クレーン(株)に分割
エス・エイチ・アイ フィナンシャルサービス(株)設立
5月 クレーン事業で日立建機(株)、(株)タダノと業務提携
6月 NECから営業譲渡を受け半導体封止装置の(株)サイネックスの営業開始
9月 技術開発センターを平塚事業所から横須賀製造所へ移転
陽子線治療システムが日本初の医療機器に認定される
12月 フォスターウイラエナジー社と循環流動層ボイラに関する技術提携契約を締結
2002(平成14)年 1月 米国APD社を買収し極低温冷凍機事業を拡大
4月 当社、NKK、日立造船3社による製鉄機械販売会社・(株)スチールプランテックにエンジニアリング部門を集約
レーザ製品の販売・サービス会社住友重機械アドバンストマシナリー(株)を設立
6月 (株)サイネックスに芝浦メカトロニクス(株)の半導体用封止装置事業を移管
製紙機械、プレス機械部門を分社し住友重機械テクノフォート(株)を設立
7月 SOPRA社(仏)と高エネルギーエキシマレーザ発信器に関し技術提携
日立建機(株)と合弁で日立住友重機械建機クレーン(株)を設立
11月 横須賀製造所内に精密機械工場完成
2003(平成15)年 3月 変減速機の上海ロジスティックスセンター竣工
4月 株式交換により新日本造機(株)を100%子会社化
造船部門を分社化し住友重機械マリンエンジニアリング(株)を設立
名古屋証券取引所における上場廃止
6月 製紙・パルプ機械の新会社メッツオSHI(株)設立
射出成形機の拠点を中国・大連および米国・デトロイトに開設
8月 フィルム加工機械の新会社住友重機械モダン(株)設立
9月 フランクフルト証券取引所における当社株式の上場廃止
10月 変減速機事業にグローバル・グループブランドを導入
住重ファインテック(株)に(株)オーツカテックを統合
11月 横須賀製造所内に住重フォージング(株)の新工場を完成
2004(平成16)年 2月 住友重機械工業(上海)有限公司設立
田無製造所の一部を売却
7月 世界初となるPET用放射性薬剤自動投与装置の販売開始
10月 射出成形機累計出荷台数4万台突破
岡山製造所内の精密位置決め装置工場の増設が完了
2005(平成17)年 1月 ベトナム・ハノイに射出成形機のサービス拠点を開設
2月 5年満期、100億円の普通社債を発行
3月 中部国際空港、愛知万博にユニバーサルデザイン採用のベルト式動く歩道を相次いで納入
住重鐵構工事(株)解散
7月 PET検査用カセット式薬剤合成装置、医療機器の承認も取得
12月 岡山製造所内の精密位置決め装置工場の増設が完了
2006(平成18)年 1月 べトナム・ハノイの射出成形機拠点を現地法人化
3月 技術開発センター(新居浜工場)を横須賀製造所へ集約
4月 (株)サイネックス吸収
5月 ベトナム・ハノイの変減速機用モータ工場完成
sMobile事業を(株)ライトウェルに譲渡
10月 (株)セイサを完全子会社化
12月 Sumitomo(SHI) Cyclo Drive, Europe Ltd. 解散
2007(平成19)年 1月 住友重機械エンバイロメント(株)設立
4月 会長に日納社長、社長に中村 吉伸専務が就任
5月 日本スピンドル製造(株)を子会社化
12月 住友重機械(唐山)有限公司 設立
住友建機(唐山)有限公司 設立
2008(平成20)年 3月 デマーグ・プラスチックス・グループを完全子会社化
4月 中期経営計画「グローバル21」スタート
住重テクノセンター(株)解散
9月 高精度位置決め装置累計1,000台出荷を達成
10月 韓国水原市に極低温冷凍機およびクライオポンプの拠点を開設
2009(平成21)年 2月 住友重機械(唐山)有限公司 生産開始
住友建機(唐山)有限公司 生産開始
3月 (株)SEN-SHI・アクセリスカンパニーを完全子会社化(現(株)SEN)
7月 エス・エイチ・アイプラスチックマシナリー(株)を吸収合併
12月 住友重機械プロセス機器(株)設立
2010(平成22)年 4月 住友重機械ビジネスアソシエイツ(株)設立
7月 ブラジルに減速機事業の拠点を開設
タイにエネルギー環境事業の拠点を開設
10月 日本スピンドル製造(株)完全子会社化
2011(平成23)年 3月 ハンセン・インダストリアル・トランスミッションズ社を完全子会社化
4月 中期経営計画「イノベーション21」スタート
11月 住友重機械ギヤモ-タ(株)設立
2012(平成24)年 4月 中国に水処理事業の拠点を開設
中国に建機のリース会社を設立
台湾に精密事業の拠点を開設
2013(平成25)年 4月 会長に中村社長、社長に別川俊介副社長が就任
ロジスティクス&パーキング事業部と住友重機械エンジニアリングサービス(株)を統合し、住友重機械搬送システム(株)を設立
量子機器事業部と住友重機械テクノフォート(株)を統合し、産業機器事業部を設立
2014(平成26)年 4月 中期経営計画「中期経営計画2016」スタート
住友建機(株)がCNH Industrial N.V.社と提携関係を強化
2015(平成27)年 1月 愛媛製造所内に技術研究所棟を新設
10月 住友重機搬送システム(株)が三菱重工マシナリーテクノロジー(株)より産業用クレーン事業を譲り受け